記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


USBパワーコンディショナー VEK0V15B

購入当初の印象は下記の通りでしたが、現在かなり印象が変わってしまったので改めて他と比べた記事「UTX1 UT20 VEK0V15B USBコンディショナー比較」
も参考にして貰えればとは思います。




パナソニックのレコーダーの最上位DMR-BZT9600の付属品であるUSBパワーコンディショナー VEK0V15B。
これがオーディオ用途にも効くというので試しに導入してみた。


まずは本来の?使い方、レコーダーDMR-BZT730に。


音質は少しクッキリするよう、映像は初めは「Kylie Minogue の黒の衣装がリアルに!」「Norah Jonesに立体感が!」とか思ったけど、何度か抜き差しを繰り返した所、殆ど変わっていないと。PS4にも繋いでみたけどこちらも分からない。
どうも自分のシステムと目には映像にはあまり変化はないよう。


CDプレイヤー SA-14S1に。

これはかなり変わります。中高音と情報量が増えてクッキリハッキリな音に。

好き好きがありそうだけど個人的には有りだなと思い、レコーダーとCDプレイヤー共に使おうともう一つ購入。
そこで、そういえばATOLL IN400って背面にUSB端子あったなと思いUSB変換端子を使って試そうと。



こんな感じにくっつけてATOLL IN400へ。
CDプレイヤーの時と同様の変化だけど、こちらの方がその変化量が大きい。
これは外せないぞと。

それではとアンプとCDプレイヤー両方共に付けたらノイズフィルター系の副作用?で音が詰まらなくなってしまったので、アンプに付けて、もう一つはレコーダーにして暫く使っていた。

今日、もう一度CDプレイヤーへ試したら、これが凄く良い状態に。
中高域の伸び、情報量が格段に増えて、ボーカルの張り出しが凄くリアルに。ピアノの響きなど、とても綺麗に鳴るように。
初めにアンプとCDプレイヤーに付けた時は良くなかったのに、エージング?なのだろうか。

自分の機種だとアンプ、CDプレイヤー、レコーダーの順の変化量。価格が高い機器の方が効くという結果に。

効果はS/Nが向上して全体の情報量が増えて立体感を感じられて、中高域、ボーカルの張り出しが高まることでリアル感が強まる印象。音量を上げても、うるさくない音になる。TIGLONのケーブルを使った時のような変化に似ている気がする。

アコースティックリバイブからも同じような製品が出ているけどそちらは1万8千円もしている。これも5千円もするけど、オーディオアクセサリーとしてはかなり安い部類(感覚の麻痺)。大手のパナソニックが作るとアクセサリー類も1/3、1/4で出来るのかと。

レコーダーはあまり分からないのでアンプとCDプレイヤーに使用して、どちらも背面に(アンプは背面しかないけど)。
前面に付けるとそれなりに大きいから邪魔なのと見た目が悪いので。


まとめると
・映像には効果を感じられず。
・高価な機種の方が効く?(メーカーがDMR-BZT9600にしか付属させないのもそのため?)
・ボーカルの張り出し、情報量、中高域、立体感を上昇させる方向。音の厚みや柔らかさを求める場合には向かないかも。
・エージングがあるのか?最初イマイチでも少し接続を続けると良いかな。
・前面端子に付けると少し不格好。


こんな感じでレコーダー(映像)には特に変化はなかったけど音質はかなり良い方向に持っていってくれて満足。
関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

過去ログ

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。