記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FURUTECH Flow-15 の使い所



電源ケーブルと機器との間に接続するノイズフィルター FURUTECH Flow-15。
取り外しが容易なので購入して以来、色々な所に付けたり、あえて使用しなかったりと試してきた。

ネット上にあるレビューなどでも使い所に関してはマチマチな気がする。

個人的な感想はアンプに使うのは一番合わない。小じんまりとした躍動感がそこなわれる、つまらない音になってしまう。
あとは電源タップに付けてると、どの機器にも同じような影響を与えてしまい、あまり良くない。

となると自分の場合は残るのはCDプレイヤーしかなくなるのだけど、ここだけは良いと感じられるんだよね。

勢いが削がれるようなことなくリアル感、実存感が感じられて情報量が増えるといった変化でマイナス面が無い気がする。

こういったノイズフィルターものやノイズ対策のアクセサリーは音を綺麗にまとめてくれるけど、本来機器が出していた躍動感、厚み、元気さなどを損なってしまう事も多いと感じる。
とにかくオーディオ的な綺麗な音を目指している場合やアコースティックものしか聴かないような場合は、どんどん導入していけば良いと思うけど、そうでない場合は一概に好ましい音質になるとは限らないところが難しい。

私の場合はFURUTECH Flow-15はCDプレイヤーに使うのが好ましい、という結論でした。
関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

過去ログ

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。