スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

ATOLL IN400 帰還から KOJO KA01 HUM-ERASER 導入まで



ATOLL IN400がサーというノイズの修理から戻り、サーノイズは解消され胸をなで下ろし使用していたのですが、今度はトランスの唸りが少々気になる事に・・・。

最初に気がついたのは睡眠中に短時間ながらトランスが強力に唸り音を出して、何だ?と。
ATOLL IN400は背面に主電源があり使用しない時はリモコンや本体前面のボタンでスタンバイ状態にして電源が完全に切れていない状態にするので、静寂な深夜、早朝に唸り音を感じる事になってしまった。修理前はなかった気がするのにどうなんだ・・・ってモヤモヤはあるものの大きく気になる部分ではないし、また代理店に送るのも面倒だと思い修理はいいやと。

原因を探るとウォッシュレットの急速な便座温め時に唸る模様。暫くは主電源を切って使っていたけどどうせならスタンバイでリモコン操作で快適に使いたいと思って考えてクリーン電源?高価過ぎるし、ハムノイズは効果がないかも、クリーン電源事態のトランスも唸るなんて話もあり却下。そこで発見したのがKOJOのKA01 HUM-ERASERなるもの。ハムノイズを消す専門家的なノイズフィルター入りなタップのよう。

現在使用している電源タップOYAIDE MTB-6があまり好きではないのでタップは替えようかななんて思っていたので新タップと思いKOJOのKA01 HUM-ERASERを早速導入。



結論を先に言うと一番消したかった急速な便座温め時に発生する唸りだけ少々静かになったものの完全には解消出来ず・・・。
その他のオーブントースターからの唸りは解消。

ONIX A-65の時も冬場に電気毛布を付けるとトランスは唸っていたし、未使用時は電源を完全に落とす使用方法だったから便座温めに唸っていたかどうかは瞬間的なものだし気が付かなかっただけなのかもしれない。

KOJOのKA01 HUM-ERASERの音質的な部分ですが、ノイズフィルターが入っているので音痩せなど生じなければと思ったけど、それほどノイズフィルターの副作用は感じられず、音痩せというものは感じないものの壁コン直接よりはやはり音の力感は弱まるものの音の静けさが出て陰影が深くなるような印象でハムノイズも消してくれるし中々良いと思っています。

しかしこう新たな機器が導入されるとケーブルの組み合わせを試してばかりの日々になってしまっていました。

一瞬、刺激的でイイ!と思えても何だか長時間聴いているとキンキンする・・・分厚くて良い塩梅、こっちだねと思って長時間聴いていると今一つ低音が緩いというか、もう少し見通し良くクリアな感じの方が・・・なんて事ばかりの繰り返しで、どれをどれに繋げる組み合わせかとパズルのように合わせる事ばかりになってしまう。それがオーディオ趣味だというえばそうだけど、音楽聴けてないなぁとも。

最終的にこれが一番だと感じられたものが

壁コン (FURUTECH ABSOLUTE POWER II-18) KOJO KA01 HUM-ERASER

ATOLL IN400 (TIGLON MGL-A1) KOJO KA01 HUM-ERASER

MARANTZ SA-14S1 (Zonotone 6NPS-5.5 Grandio) KOJO KA01 HUM-ERASER

壁コン (KRIPTON PC-HR1000 ) OYAIDE MTB-6

テレビ、レコーダー、PS4がOYAIDE MTB-6
こんな組み合わせに。これでようやく音ではなくて、ゆっくりゆったり音楽が聴けています。


で、
FURUTECH ABSOLUTE POWER II-18
TIGLON MGL-A1
Zonotone 6NPS-5.5 Grandio
KRIPTON PC-HR1000

と四本のケーブルがありどれも良いケーブルだと思っているけど今回、とっかえひっかえを繰り返して改めてケーブルの特徴が分かったなぁ。


FURUTECH ABSOLUTE POWER II-18はクッキリハッキリで締まった強力な芯の強い低音に奥行感。

TIGLON MGL-A1はクッキリハッキリにさらにサッパリが加わってこちらも締まった低音をしっかりと出して見通し良く情報量増大。

Zonotone 6NPS-5.5 Grandioはとにかく分厚い濃厚な音。

KRIPTON PC-HR1000は重心下がった分厚さに、滑らかさ柔らかさを加えてまろやかな音で刺激少な目だけど聴き疲れしない優しい音に。


寒色がFURUTECH ABSOLUTE POWER II-18、TIGLON MGL-A1
暖色がZonotone 6NPS-5.5 Grandio、KRIPTON PC-HR1000
という印象。


緩めの低音を締めたいとかもう少し刺激的で見通しの良い音に振りたければ
FURUTECH ABSOLUTE POWER II-18、
TIGLON MGL-A1


音が硬い、聴き疲れする、スッキリしすぎて大らかさ、丸さ、柔らかさが欲しいのであれば
Zonotone 6NPS-5.5 Grandio、
KRIPTON PC-HR1000


急速に便座を温めるウォッシュレットはパナソニックのビューティートワレなるものです。便座を温める瞬間的なだけですけどHUM-ERASERでも消せない強烈なハムノイズを発生させやがるオーディオの敵となるものですのでオーディオ好きな方々にはTOTOの方が良いかなと・・・。

KOJO KA01 HUM-ERASER購入するなら値段的にもウォッシュレット新調すればいいんじゃ・・・という話は・・・
肝心の大ボス・ビューティートワレには完敗してしまったものの、他のハムノイズは消えているし、MTB-6に替わる新タップという事で・・・。

それにしてもATOLL IN400 電源ノイズ関連に弱すぎやしないかとは思う。


関連記事



  1. 2015/07/04(土)|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<赴くままに | ホーム | ATOLL IN400 導入から帰還まで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyoukararock.blog19.fc2.com/tb.php/961-da5d3e67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

最近のコメント

リンク

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。