記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジャンパーケーブル inakustik IA-602JP4 を導入 2

ジャンパーケーブル inakustik IA-602JP4 に付け替えた直後は、少しクリアになったかなという、いつもの「気がする」な感想だったけど・・・。

付け替えて約12時間くらい経過した現在、なんだこれ!?ってくらいの変化。

音の鮮度が段違いになっている。まとめるとSNが上がったという事なのかもしれないけど透明度が増えて綺麗な音になって躍動感と張り出しがあって、ハモりなどがかなり気持ち良く聴けて情報量が凄い。クリアな方向に変化しているのに低域が損なわれるような音にはならずマイナス点が全くない。

電源タップをOYAIDE MTS-6からMTB-6に替えて音の力感は上げる事が出来て狙い通りになったけどMTS-6の時にあった透明感みたいなものが無くなってしまって分厚くなり過ぎてしまっていたから、MTB-6の力強さはそのままで厚さを解消出来ないものかと思っていたものがようやく叶ったかも。

バイワイヤ接続可能なスピーカーなら一般的にはバイワイヤの方が良いのだろうしジャンパーケーブルは繋がって音が出ていれば何でも良いのではと思っていて気にするものでもないと思っていたから5000円の最安値(一般的に考えたら高い筈、感覚の麻痺・・・)のジャンパーケーブルでここまで変わるとはちょっと驚きが。
関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

過去ログ

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。