スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

ネコマジン 銀河パトロール ジャコ 湯神くんには友達がいない を買う





漫画をたくさん買ってしまった。漫画はもうあまり増やしたくないから漫画喫茶などで時々読む程度にして購入していないようにしていたけど、刊行数が一冊だったり、まだ数冊だったりするなら買って家でゆっくり読んだ方が良いかなとも思って。漫画喫茶の雰囲気が好きなようで、好きではなかったりもする。

ネコマジンは昔から欲しかったけど、廃刊のようになっていたものが銀河パトロール ジャコの発売に伴って増刷されたようで購入出来て良かった。ネコマジンは鳥山明作品では相当好きなのです。

銀河パトロール ジャコは全然知らなかったけど、評判も良くて一冊で完結しているようなので購入。なかなか面白かった。世界観や一コマ、一コマの絵がとても良かった。

先日テレビ放送されたドラゴンボールの映画を観て懐かしくも楽しくなって、この人のキャラクターは凄い魅力的だなと思ったり、内容も序盤はギャグの要素が強くて良かった。キャラクターが確立されているものだと、本筋のバトル!!とか冒険のようなものよりキャラクターを生かしたほのぼの日常のようなものの方が好きなので。

改めて鳥山明作品をたくさん同時に見て思ったのが、この人は人間が嫌いそうだなと思った。動物の方が好きで奢れる愚かな人間という生物があまり好きでなさそうに感じた。銀河パトロール ジャコにその傾向が強い感じがした。

映画のドラゴンボールでも破壊神が人間や地球をあってもなくてもいいものとして破壊しようかなって軽い気分で消滅させようとするし。でもよくある悪の帝王みたいなものが無目的に「征服してやる!絶滅だ!ガハハ」とやってきて戦うだけでないのもまた良かったけど。

子供の頃に鳥山作品を見てもそんな感想はなかったたのに、今観るとこんな感想に。



湯神くんには友達がいない は東京MXテレビのガンダムを見ていたらサンデーのテレビCMで紹介されていて興味を持ったから。最近よくある、独りであることを嘆いたりしているようでもなく、なぜかたくさん美少女が!!みたいなものでもないようなので読みたくなり購入。
高校生が主人公のものなのでどうかなという部分もあったけど、これもなかなか面白かった。
徹底して自分のルールの中で生きていて、殆ど自己完結で済ませられる性向の持ち主という設定なので共感を得られる部分もあったりなかったりと思いながら読んでいる。


長方形サイズ?のジャンプコミックスなどを久々に買ったけど、このサイズの本も少し値上がりしていっているんだなと。自分が購入していた時は390円くらいだったけど今は450円くらいになっている。このサイズの漫画は小中学生が一番の対象だろうからあまり値上げせず子供が買い易い価格に据え置きにすればいいのになぁなんて思ってしまった。
関連記事



  1. 2014/04/24(木)|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タワーレコード横浜ビブレに行く | ホーム | ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う! を観る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyoukararock.blog19.fc2.com/tb.php/813-70e4e9f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

最近のコメント

リンク

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。