記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


電源ケーブルを入れ替え続け・・・

電源ケーブル、KRIPTON PC-HR1000を導入してからようやく満足出来て、もう電線病状態にならず、良いと思える音で以前のように音楽を純粋に楽しめるようになれていた。

でもKRIPTON PC-HR1000をアンプ、FURUTECH ABSOLUTE POWER IIを壁コンにしていたけど、これを逆にしたらどうかな、とはずっと考えていて一度試してみたくて行ってみた。

FURUTECH ABSOLUTE POWER IIを壁コン固定、ACROLINK 7N-P4030Ⅱ PC-Rはプレイヤー固定のようになっているけどKRIPTON PC-HR1000を壁コンからタップ、FURUTECH ABSOLUTE POWER II をアンプにしてもどちらも気に入っているケーブルだから入れ替えても悪い変化にはならないはずとは考え。

FURUTECH ABSOLUTE POWER IIを壁コンの方が音がまとまっていて疲れない音、悪く言うと小じんまりとしていた。
KRIPTON PC-HR1000を壁コンにすると音がダイナミックになり広がりあって音圧も上がり、ボーカルもテレビ番組などの声もより前に出て、低域もしっかり出る。
という個人的には意外な結果に。FURUTECH ABSOLUTE POWER IIの低域表現は自分のシステムには必須だからを壁コンからタップ間はこれで決まりだと思っていたのに。

でも何度も入れ替えてはと聴き比べていたら違いが分からなくなってきてしまった・・・。
分からなくなったけどKRIPTON PC-HR1000を壁コンにした方が良いと思えた時があったので、KRIPTON PC-HR1000を壁コン、FURUTECH ABSOLUTE POWER IIをアンプ、ACROLINK 7N-P4030Ⅱ PC-Rはプレイヤーに決めた。

Zonotone 6NPS-5.5 Grandioなども眠っていることだし時々入れ替えて音色を変えたり比べたりすることに興じてみるくらいの電線遊びならいいかな。

何度も書いているけど、これからは電線による整形ではなく音楽を楽しんでいきたい!
関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

過去ログ

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。