記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FOSTEX TE-05 エージング



iPodを使わなかったのでFOSTEX TE-05をシャッフル再生でずっとエージングしていたら1000曲以上になって、1080曲まで再生していた。1000曲目はDelphicの"Red Lights"だった。

購入当初は音が硬くて高域が刺さる感じが強くて試聴と少し違った印象があったけど、今はだいぶ丸くなってダイナミック型らしい音になってきた。クリアで抜けのある音はそのままだからやはり好きなイヤホンだ。

惜しい所はフィット感が許容できる範囲ではあるけどしっくりと来ないところかな。特に右の耳が重さで少し落ち気味になってしまう。耳かけではないイヤホンではケーブルを「の」みたいな形で耳に回して掛けるからそうすれば何の問題もないけど。この掛け方だと耳かけタイプかそれ以上にタッチノイズがほぼ無くなるので少しケーブルに負担がかかりそうだけどX10やER4Sを使用する際にも必ずやる。

付属のイヤーピースは柔らかめの一般的なシリコンだから、他を色々試してみたけどオーディオテクニカのファインフィットとソニーのアイソレーションはフィット感、遮音性はどのイヤホンに試しても良好だけど、必ず少し篭った詰まり気味の音になってしまう。
コンプライも同じでより遮音性を高めてくれるけど、ものすごい篭る。コンプライの篭りはいつも許容出来ないレベル。これが良いという人は遮音性重視だったり、低音がモコっと出るのが好きなのかな。
多摩電子工業のウレタンはフィット感がTE-05 には合わない。

結局、遮音性、フィット感は弱まるけど、抜けの良さを取って純正に戻るといういつものパターンに。
関連記事


コメント

イヤホンのエージングに対しては懐疑的ではなかったですか?

iPodをシャッフル再生にしておけば良いだけなので、とりあえずやってしまいますね。
今回はなかなか効果があったと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

過去ログ

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。