Ortfon 7NX-SPK 4000Q ? と FOSTEX TE-05

スピーカーケーブルをOrtofon SPK-3100 Silverに戻してから、電源ケーブル程ではないにしても、やっぱり音の質感はかなり変化するので、スピーカーケーブルを少し検討していた。
アコースティックリバイブのSPC-REFERENCEが芯が強くなって元気な音になるようで、どうかなと考えていたけど、1m4000円、バイワイヤにするとケーブルが8本必要で1.5mとしても6m、それにYラグで計4万くらい・・・これは厳しい。シングルで考えても2万円くらい・・・うーん・・・それにあの指先が痛くなる末端処理もするのかぁ・・・うーん・・・。

と考えていた所に上海問屋がいくつかのメーカーの10年前くらいのハイエンドケーブルを末端処理済みで破格の5千円~1万円くらいで売っているものを発見。連休だし、あったら購入してみるかと秋葉原へ。

行ってみたら一番目を付けていたOrtfon 7NX-SPK 4000QのYラグ仕様があったので購入。


10年くらい前のケーブルとはいえ1m、9千円のケーブルが安過ぎるので偽物ではないかという疑惑もあるようだけど個人出品でもないドスパラが運営している所が信憑性のないものをメーカー名と型番を釘打って売るものかな。偽物だったら『知らなかったんですよゲヘ~』で終わらせるのかもしれないけど。
レビューなどでもその辺は検証されていて中の線材を見ている人もいるようで、本物8:2偽物くらいの可能性じゃないのかなと思っている。
音質徒然はまたの機会にでも。丁度OrtofonからOrtofonへの変更だったので偽物だったら大幅に違う傾向の音になるかなと思ったけど似た傾向だったので、本物で良いだろうという(思い込む・・・)ことにします。他にもヴァン・デン・ハルやカルダスの文字が刻印されたRCAケーブルが3千円~4千円で売っていた。ちょっと迷ったけどRCAは別にいいやって。

真贋はさておきオーディオアクセサリーってこれくらいが適正価格じゃないのかと思う。「1m、9千円の2.5mでYラグ末端処理済み」これが正規にメーカーから販売されていたら恐らく6万円くらいしそうな所。6万円って最新機種のPS4とソフト購入してもお釣りが来るし、それなりのPCだって買えてしまう。それが電線だけで・・・。
普通に売られてるものは全部0が一つ多いよ。一部の人しか購入しないから高額設定というのもあるのだろうけど。一般感覚でいったら上海問屋価格でも高いと感じる思うし、これくらいの価格ならもっと気軽に色々付け替えて楽しめるし、裾野も広がるものじゃないかな・・・いや広がらないか・・・。

バイワイヤでなくシングル接続なので久々にジャンパーの金具を取り出したら汚れが凄くて普通に拭いても取れないので以前に購入したけど、メッキが剥がれるなんて批判もあってお蔵入りになっていたオヤイデ、クリーニングスティックを使ってみることに。使ってみた所、汚れは結構取ってくれました、メッキが剥がれることもなかった。でも確かにヤスリみたいに磨いてる感じはあるから激しい汚れでなければ剥がれる可能性もあるかな、あとは批判の中にもあった粉がコンセントの中に入るというものもあって、それは凄い感じた、金具を磨いていると粉がかなり舞い散るから、これをコンセントの中には入れる気はしない。
ジャンパー金具を四本磨いたら真っ黒になった。

肝心の金具のビフォーアフターを撮り忘れた・・・。
使用感としては、こびれ付いた汚れには使用しても良いのでは、粉が凄いのでコンセント類に入れる気はしない、激しい汚れがなければ塗装は剥がれるかもしれない、あとは普通の綿棒でも変わらないじゃないかとも。こんな所、付属ジャンパー金具専用になりそう。


イヤホンの試聴も。目当てのFOSTEX TE-05を。
BA3ドライバの10プロと比べてもクリアでステレオ感が凄くてダイナミック型1基なのに、なんだこれ凄いぞとなって。

・・・。
ダイナミック型だけど低音は量が多いタイプじゃなくて締まっている。クリアでステレオ感を強く感じさせて少し硬めの音質。今の所高域に少し刺さりがあるかな。遮音性はそこそこ。フィット感、タッチノイズも普通。
イヤホンを一聴してこれは良いぞとなったのはER4-S以来だ。暫く主に使用する機種になりそう。かなり気にいっている。

ヤマハのEPH-100というイヤホンもなかなか良かった。FOSTEX TE-05より迫力のある音で、ダイナミック型の高音質。

最近発売されたNOBUNAGA Labs TR-UE1という10プロのリケーブルは3千円と安目なので、購入してもいいかなと試聴した。
使用中のZEPHONE EU-31 Blue Seagulと比べると少し篭る音になる印象、特徴のあるような音質ではなかったことと耳掛けが自分にはあまりフィットしなかったこともあって、見送りに。
断線してもリケーブル出来るから安心と言ってもケーブルが結構高額萎な上に耐久性もイマイチ、それでは意味が・・・と思うことが多いので、3千円くらいの価格で出してくれているのは有難い。


今回のスピーカーケーブルとかクリーニングスティックにしてもネット上などでいろいろ言われているような事で、どうなのか分からないことは自分で確かめてどうだったかという事が一番重要だ。
オーディオに関しては各機器の音質は勿論だし、アクセサリー関連の特に変わる変わらないは論争は自分で確かめてからしか判断出来ないし、「ネットでこう言っているから」をあまり重要視しないで一つの参考として考えていければなぁ。

何事も鵜呑みにしないようにしたい。
関連記事



  1. 2014/03/21(金)|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サッカー観戦 横浜FC対山形 | ホーム | どこまで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyoukararock.blog19.fc2.com/tb.php/779-73cc8fe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

最近のコメント

リンク

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ検索