記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トゥームレイダー ディフィニティブエディション

トゥームレイダー ディフィニティブエディション【CEROレーティング「Z」】トゥームレイダー ディフィニティブエディション【CEROレーティング「Z」】
(2014/02/22)
PlayStation 4

商品詳細を見る


トゥームレイダーあっという間にクリアしてしまった。
久々にゲーム面白いと思った。この手のアクションゲームって「あっちに行け」「あれ取ってこい、これ取ってこい」とかで、やらされてる感、お使い感が強くて、面倒くさいなぁ・・・となってしまう事が多くて作業になって、やる気がなくなってしまいがちだけど、これはそんな事は全くなくてPS4の映像美もあって本当に映画をプレーしているような感覚で入りこんで楽しめた。
クリア後の引き継ぎ要素が皆無だから一度クリアしたらもうやる気があまりしないのだけが残念だ。一応取り逃したアイテム収集は出来るけどそれをした所でといった感じなので。

トゥームレイダーというと・・・こんなイメージだったんだけど・・・





こうなってました。

コンピュータの進化が凄く早い。

しかしいつの間にか洋ゲーの方が映像、ゲーム性ともに圧倒的になっている。以前はファイナルファンタジーのCGが物凄かったりゲームといえば日本みたいな雰囲気で洋ゲーはアイデアなどは良いけど大雑把で雑みたいな扱いだったのに。
PS2の終わりくらいからそんな兆候が出てきたような。グランドセフトオートが出てきたり、ウイイレ一択だったところにFIFAが良くなってきた?ようになってきて。

ゲーム作成勤務をしている友人によると、洋ゲーが本気だした、資金力が違う、ハードの性能が洋ゲーに追いついたなどで、日本メーカーはちょっと太刀打ち出来ない状況だとか。

同じ土俵では厳しいということは、違う方向性・・・スマホのゲーム? わたしは かなしい。

でもPS4は日本のソニー製って何だか良いじゃない。未来テレビから応援してるぞ。
関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

過去ログ

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。