記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


銀のエンゼル

人が多い。その様を見ていると繁殖しすぎだよ、いいかげんにしろよと思う。
もういいだろと。
繁殖しすぎというより過密しすぎは真に近いかもしれないけれども、飢餓が存在する以上、繁殖しすぎなのも間違いあるまい。

とある漫画にあった「こいつらは都会に見せようと同じ場所を行ったり来たりしているのでは」という表現は皮肉を交えた中々面白い例えだと思います。

そんな中、私にとって係わりの無い人間は目的の場所へ辿りつく間の動く障害物という認識でしかないわけでして、そこが私が他人を見ない認識しようとしない老若男女、美、不美だろうか何だって良い理由なのかとも思ってます。

しかし、自分も繁殖、過密の、障害物の一員であるという意識が無い所が私の素晴らしいところ。

自分は特別、自分は世界の不幸をしょって立ってる、自分は悲劇の主人公。自分は自分は・・・。


少子化の問題を語る事が嫌だ。語られている事の本質が現存生命の維持、安定を脅かされる(経済面で)事の恐怖ばかりだから。

我等がのうのうと無駄に生を維持するための、若年の人間の数を確保せよ!!オー!!!

自らの安穏維持のための犠牲として新たな生命を産み落とす事を推奨するとは。こんな生物と世界はさっさと滅亡するべきだ。

誰もが幸福なユートピアのような世界ならいくらでも誕生させてやりたいが

『たぶんこの世は、別の惑星の地獄に違いない。byオルダス・ハックスリー』

こんな世界に新しい生命を次々誕生させる神経がわからない。人間様が動物と違うと言い張りたいなら、もう少し大脳新皮質、理性を働かせろ。視床下部、本能に支配されてるんじゃない。

きっと殆どの人間は私の神経が分からないだろうね。

またまたどうしようもない電波な内容だ。
関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

過去ログ

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。