ブリリアント マ~ベラス

食物連鎖、弱肉強食などの自然の摂理から逃れた人間。天敵や捕食する外敵いない人間だけの世界を作り上げ生きていく。まあなんと幸せ、みんなが笑顔のユートピアだわ。

といかないのが人間様の凄い所。

なんと人間が人間を捕食するという共食いの食物連鎖の世界を作り上げました。人間の天敵は人間。自然の摂理から抜け出したと思ったら同一種だけの全く同じ世界を作り出しとさ。


命は大切だなんて洗脳するな。なんで、何があっても生きろというのか。それは死にたい程不幸な人間がたくさんいないと、幸福を得ている人間たちが幸福を得られなくなってしまう、それどころか不幸な人間になってしまうからではないかな。
同一種で食物連鎖を繰り広げる、この無意味な世界では多数の貧と不幸によって富や幸福が少数の人間に行き渡る構造なので、大多数の人間に命を大切に!と思い込んで貰わないと困るんでしょうね少数の方々が肥えるために。
不幸と幸福の割合を100:1とします(極端)。この割合は絶対に変わる事がありません。不幸が1000なら幸福を貪れるのは10になります。
でも不幸が自らの手で次々、数を減らしていき500になってしまったら肥えられる数は5に。そうすると肥えていた10のうちの5は肥えられない不幸側に回らざるを得なくなってしまいます。
だから100:1の1が「命を大切に!どんな事があっても死ぬのは良くない!(私が肥えるために生きろ!)」と叫んいます。


国民の幸せを願うなら安楽死提供所で各所に設立するべき。行列の出来るラーメン屋さんも羨むほど長蛇の列が出来上がって繁盛するでしょう。


そういう事を教育という名で洗脳していくわけだ。そもそも学校で教える事など国数理社だけで十分だ。教育という名の洗脳も教職員の自己満足に付き合わせる事も必要がない。
学校、こんなもんがあるからイジメが発生したり卑屈な人間が出来る。人間なん集団になってやる事と言ったら色恋沙汰とイジメと悪口程度しかやる事がないのだから、これは子供だろうが大人だろうが変わらない。
だから勉学だけ教えておけ。学校教育など受けなくても、殆どの人間は物事の善悪も身に付く、分からない人間は受けようと受けまいと分かる事はない。

国数理社以外はやりたやつは勝手にやる。自分で日曜大工も料理もやる。ピアノだろうが野球だろうが自分でやる。強制するな。それらを全員に強制する事でマイナス面が生まれる。

塾でイジメが殆ど発生しないのは集団生活や様々な強制を行わない、ただ学問を教えるからだ。

教職員は教育者などではなく講師で良い。教職員の自己満足と価値観に付き合わせる事を義務にするなどという、くだらない事を強制するな。

教え子と結婚している教職員ってどのツラ下げて続ているんだろうな。相当の無神経なアホだろうな。個人的には懲戒免職で良いと思うのだけど。何言っても説得力ないよ。ただでさえないのに。

イジメや卑屈な人間を発生させ教職員の都合の良い人間が是とされる学校などというものは無くしてしまえ。
教職員の自己満足と価値観を教えている暇があったら、毒にも薬にもならない人間や口だけ達者なお調子者など、嘘をまことしやかに言ってのけられる演技力でも磨かせておけ。命は大切と言うよりよほど意味がある。くだらねえ。


お金が幅を効かせているのは物々交換が出来るツールだからではない。人間を操る事が出来る唯一のモノだから。他人はもとより自分自身も。

「金こそは――取るに足らぬ人物を第一級の地位に導いてくれる唯一の道である。」 byドストエフスキー

こういう事。だからお金は人類の太陽となりました。そして60億もの猿がお金の衛星としてグルグル回る事となりました。
第60億惑星なんかは悲惨ですよ、太陽の光は殆ど受ける事が出来ないし、一周回るのも円周が長くて労力も凄い。
でも命は大切!って第一惑星さんが言っています。そしてそれは是として植え付けられます。

一匹のカニから生まれたタマゴ一万五千個が全部ふ化したら大変だろぅ~海カニだらけ!カニだらけーー!!

ブリリアント マ~ベラス!!!!!
関連記事



  1. 2005/11/08(火)|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<発想 | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyoukararock.blog19.fc2.com/tb.php/48-77d051d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

最近のコメント

リンク

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ検索