記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウツリコミ

歩行していて、鏡やガラスに映り込んだ自分を自分だと認識せずに観て、
なんだか変なのがいる!と驚く。すぐに、あっ・・この変なのは自分か・・・と思う。
この間1秒とかそれにも満たない間での脳内でのやり取り。
意識しないで観る自分の姿は「変なの」である。

映像に映ったりする自分も何だか違和感。自分の認識している己の姿と実際の姿は少し違うのだろうなぁと思う。姿に限らず何でもきっとそうだ。


本を読んでいるというと、文学青年やら学に長けていると思われたりしがち。多くの人は実際にそうなのだろうけれど、自分の場合は全くそんな事はない。
文学は大嫌いだし、馬鹿である。
読書は娯楽だと思っている。映画が普及する前は読書は一番の娯楽の一つであっただっただろうし。今でいうテレビゲームみたいなものだったのではないだろうか。自分の中では読書もそんな認識。
だから難しい本は嫌いだし、読んでいて楽しいと思える作品が好きなのである。

本を読むのが好きだと言ったり、読書家ぶりたくない。
そもそも本を読むことなんて現在の世界においては、やることのない人間のすることだろう、なんて思ったりもしている。

で、何が言いたいかというと
SIXXRKは本をたくさん読んじゃったりしちゃう、ちょっとオサレでカコイイ、通な人間なんだってこと。
をアピールしたいのだ。
関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

過去ログ

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。