スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

ラティカ

スラムドッグミリオネアを観る。面白かった。
伊坂幸太郎の作品のようだななどと思ったりした。
物凄い辛く厳しい環境や境遇を過剰に深刻にせず、あえて軽く描きだす部分や都合良すぎだけど物語なのだから細部より、爽快なら良いじゃないっていう潔さ、伏線がハマっていくなどが。
トレスポのダニーボイルがこんな映画を撮るようになったのかとも思う。

白髪がある。心身ともに老いている。一般の倍くらいの速さで老化していないだろうか。ということは速く終われないのかななんて、さほど本気では望んでいないことを考え浸っていたりして、程度が低い。

グルメ、料理番組は時々サイコホラーのように感じる時がある。
美しいとされている容姿の人間が嬉々として死肉を貪っている・・・なんて観るとね。
素材になってしまう前の動物の映像なんて流して欲しくないんだよな。
加工されたモノと強調して欲しいのだけど。
食はオシャレやアクセサリーみたいなものではなくてグロテスクなんだという認識もね。
食べる前に本当に食する必要があるのかどうかを考えることだ。

『死んだ牛の肉を食ってうまいか?』
死神の精度 伊坂幸太郎

『食べれば罪にならないの』
食性 小林泰三

『動物を食って生きている。樹の皮を削って生きている。何十、何百の犠牲の上に一人の人間が生きている。それでだ、そうまでして生きる価値のある人間が何人いるかわかるか』
『ゼロだ』
オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎
関連記事



  1. 2009/05/18(月)|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ウツリコミ | ホーム | ニンゲンカイタイ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyoukararock.blog19.fc2.com/tb.php/448-3e8813dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

最近のコメント

リンク

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。