記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宇宙の音

Depeche Modeの新作を聴く。
良い。とても。アルバム通して飛ばしたいと思う曲がないのは今までと違って良いところ。
音は前作と似た雰囲気だけど、新作の方が明るい感じがある。
Violator以降の作品では一番良いかもしれない。
作り手と聴き手の欲する音が合致していると思う。
唯一無二の圧倒的な存在だと改めて認識。


その時々の一番好きなバンドのリアルタイムの新作というと、いつも大いなる期待を裏切られる作品ばかり(MR.BIG "HEYMAN"、MOTLEY CRUE "GENERATION SWINE""NEW TATOO")ということもあり、リードシングルは良かったものの大して良くないんじゃないだろうか・・・と思っていたらから。

前評判も良かったけれど、こういった大物の作品の前評判や雑誌の絶賛は全く当てにならない。たいてい素晴らしい、傑作、などと褒め称えるだけ。

初めて一番好きなバンドのリアルタイムの新作で期待以上の作品で嬉しい限り。

Depeche Modeの新作がとても良いので聴いてばかりでPerfumeのDVDは未だに観ていない・・・。
楽しみな作品の同時発売は良くないな。


iTunes Store Top 10 Albumsを見ると、Depeche Modeのヨーロッパでの人気が凄い。各国一位。
ドイツに至っては日本で一万円以上するデラックスボックスが一位だったり。

US三位、France一位、Germany一位(デラックス)三位(通常)、Austria一位(通常)、八位(デラックス)、Belgium一位、Canada一位、Denmark一位、Finland一位、Greece一位、Italy一位、Luxembourg一位(通常)二位(デラックス)、Netherlands三位、Norway一位、Portugal一位、Spain一位、Sweden一位、Switzerland一位。
UKで圏外なのが良く分からない。地元イギリスよりヨーロッパ、アメリカでの人気の方が高いバンドだけど。

ケイタイモ(BEAT CRUSADERS)
当時ボン・ジョヴィとか全盛期で、そんな中「何て暗い連中だ」、と思ってたら、いつしかそのダークネスに飲み込まれ、逆にボン・ジョヴィとかに「何て浮かれた連中だ」と言うようになったという、アタシにとって初のオルタナ体験をもたらしてくれたバンド。


メタル全盛の80年代のアメリカで売れた理由もこんな感じだったのかな。


この作品を機に日本でももう少し多くの人に聴かれるバンドにならないだろうか・・・。
関連記事


コメント

new tatooの時は絶賛して、
ナーナーナー♪と口ずさんでいませんでしたっけ?

口ずさんではいない・・・はず・・・

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

過去ログ

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。