スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

ロコモコプレート

ER-4Sと所有機種を聴き比べ。

Marantz HP101
音質全てにおいて及ばないものの、ダイナミック型の柔らかい音で唯一、違った音として併用していけると思った機種。ダイナミック型の音が聴きたくなった時やイヤーチップで耳が痛くなったり、リラックスしたい時はこちらを選択する。

Philips SHE9850
同じBA型にしては低音が出てダイナミック型のように迫力がある。その反面、高音が弱く、解像度、明瞭さなどが低く篭りを感じてしまう。BA型の同じ傾向の音として比べてしまうと厳しい。

AKG K324P
低音がブーミーというか制御しきれていない感じで高音がやはりシャリつく。
綺麗な音だと思うし好きだけど、より綺麗でソフトなMarantz HP101の方を選択してしまう。

SENNHEISER CX95
なんだかザラついたような音で低音が多くて篭りが凄い。
好きではない音。タッチノイズが多過ぎて外では使いづらいし、ケーブルの長さが80cm+延長ケーブルのため扱いが悪い。

CREATIVE EP-630
音が引っこんでいて低音過多。それでも下記のCK6より音のバランス、明瞭さは断然に良い。

audio-technica CK6
低音過多。音のバランスがおかしい。低音ばかりボンボン鳴っている。

Panasonic(ポータブルCD付属)
テレビで顔を隠して低音で声を加工した時のような音に聞こえる。
ボコモコな音。篭りというより低音加工。
ダースベイダー。ベイダー卿。


ER-4Sと聴き比べるとそれぞれの機種の音の違いや特徴がとても感じられる。
所有機種全てが駄目だと書いたけどMarantz HP101だけは併用で使える。
ER-4S入手前と機種の好みの順番は同じままの結果に。
中級機ではMarantz HP101はかなり良いと思う。
関連記事



  1. 2009/04/05(日)|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヨ~ナ~ラ | ホーム | ナガラピコスル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyoukararock.blog19.fc2.com/tb.php/422-d9c164b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

最近のコメント

リンク

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。