記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


検索から監視が始まる

ハトムラクニオ

多くの野鳥と違ってハトはなぜあんなに警戒が薄いのかという長年の疑問があったので、検索したらあっさり解決。
そこらで見かけるハトはドバトといって飼育されていたハトが再野生化したものだから、人間に対する警戒心が薄いそうです。
ずっと野生のキジバトはあんなに警戒心は薄くないようです。

食用にしたり虐殺してきたなどの長い時間築き上げた人間との関わりによって動物の警戒心は変わるそう。
なんだかとても興味深い。

殆どの動物は人間をブチ殺したいと思っているに違いない。
関連記事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

過去ログ

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。