記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ナニカ





「Jポップとは何か―巨大化する音楽産業」烏賀陽 弘道 (著)


これ読んでいるのだけど、とても面白いです。
なんで日本のヒットチャートの音楽ってあんな感じなんだろうな・・・って思うのだけど、そういった疑問にとても的確に答えてくれます。

Jポップと呼ばれる日本の音楽を主題にしたここ10~20年くらいの日本社会学風な内容でもあります。

オーディオがレコードからCDになった話が中心のオーディオ関連の章はかなり興味深かったです。

洋楽ばかり聴く人でも、日本のヒットチャートの音楽に対して何か思う所がある人も多いと思うので、そんな方はこの本読んでみて。
関連記事


コメント

この本、前にブックオフで見つけたときに買おうか凄い迷いました
SIXXRKさんが大丈夫というのなら買ってみようと思います。
問題はあそこのブックオフにまだこれがあるかどうかです(笑)

古本でありましたか~。
僕の好みは本もかなり偏っているので・・・「読んでみて」って書いておいてなんですが(笑)

中古は現品限りですからね~。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

過去ログ

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。