スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

邦楽よく聴かない

日本人でバイリンガルでもないのになぜ、歌詞も聴き取れない洋楽ばかり聴いているの?歌詞も分からないのに洋楽聴いてカッコつけて邦楽バカにしてるじゃん。

JPOPと呼ばれるものしか聴かない人が僕のような人間に良く感じる事かもしれない。

でも日本在住の日本人で自発的に音楽に興味を持って聴くようになったのが最初から洋楽という人って殆どいないと思います。自分も最初は当然のように邦楽からです。当時は洋楽なんて意味分からない、全部同じに聴こえるとさえ思っていました。

それが一気に洋楽ばかりの人間になりました。自分の場合は凄い自然な流れです。単に洋楽に触れるまで最高だと信じきっていたBOOWYや愛聴していたTMネットワークなどを完全凌駕するほどの衝撃、盲目的になるほどの(主にHR/HM)魅力を洋楽に感じたからです。この流れは今も変わっていません。だから洋楽ばかり聴いています。

で、最初の歌詞が分からないですが、僕から言わせて貰うと邦楽も分からないです。曲名は英語、歌詞の合間や、サビも英語、そもそも日本語部分も歌詞カードを見ないと何を言っているのか、英語なのか、日本語なのかさえ分からないような歌唱法が多いです。それなら対訳見るのと、さほど差はないですよね、自分で歌うでは無くて意味が分からないという部分だと。

あとはヒットチャートにいえる事ですが、使い捨てのような恋愛や無責任な応援などをテーマにした歌詞に、それ程、意味があるとも僕は感じられません。「あなたの温もり~」「愛しいこの思い~」「希望に向かって走れ」etcとヒットチャートの歌詞だけを曲無しで詞だけを見た場合、見てるこっちが・・・となるようなものばかりだと思います。

これらの理由で歌詞は差にならないと。

次に洋楽聴いてカッコつけて邦楽バカにしてる、ですがこれもJPOP、ヒットチャートしか聴かない人の言い分だと思いますが、まず洋楽を聴く人間は邦楽も聴くという事です。比率の問題なだけです。ヒットチャートの曲は好みに関わらず日本に住んでいれば否応なしに耳に入ってきます。日本人で邦楽を聴かない人間は皆無と言っていいでしょう。どんな洋楽好きでも邦楽で好きなバンドや歌手の一つや二つは少なくとも必ずあります。だからカッコつけてるとか、バカにしているという事はないのです。

これは個人的な感想ですが、日本のヒットチャートの音楽に素晴らしい魅力があるとは全く思えません。ジャニーズ、オレンジレンジ、浜崎あゆみ。こんな感じですよね。これをお金を出して自分の家のプレイヤーで聴きたいかと。そりゃCD売れませんよ。違法コピーとか、そいう事以前の話ではないのかなと。
JPOPって何なのでしょうかね。欧米の流行の音を数年後に日本歌謡と混ぜ合わせて適当に売れそうな耳なじみの良い曲に仕上げて、それを見た目の良いアイドルに歌わせるというジャンルなんですかね。

JPOP好きと洋楽好きの違いは?と問われればまず、シングルばかり聴く事と、アルバムを一つの作品として評価するという違いがありますね。JPOPのスタイルはまずシングルありき、とにかくシングル乱発ですぐにベストアルバム、そいう売り方だし、逆を言えばシングルしか買い手が興味が無いからこうなるという事も言えますよね。

あとはいくつかの特定の歌い手に入れ込むのと、ジャンル全体を好きになるという違いもあると思います。洋楽好きは例えばMOTLEY CRUEが好きになったら同じような音を出すバンド、LAメタルに、はたまたHR/HM全体に興味を持つんですけど、JPOP好きの場合オレンジレンジが好きであったら、そこでお終いだと思うんですよ。オレンジレンジからっていう発展性がないというか、あくまで音が良いではなくてオレンジレンジという個が好きというね。

もう一つはヒットチャートという基準を元に与えられる音を受け取るJPOP好きと、とにかく自分で探す掘る漁る、洋楽好きという部分ですかね。これは性質上のものかもしれません。ヒットチャート=JPOPという雰囲気もありますし、先にも書いたように勝手に入ってくる音ですからね。対して洋楽は、一部のタイアップ曲など以外は中々耳にさえ入ってきませんからね。例えリンキンパークのようなビッグバンドでさえも。これが決定的な差かもしれませんね。

まあこんな違いがあるかなと思います。

長々と書きましたが、結論はお互い、

ほっとけって事ですね。

最後に、みもふたも無い長文の全てを否定する最低の結論でした。
関連記事



  1. 2005/09/06(火)|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<メタ~ル | ホーム | シャイ>>

コメント

熱すぎる。

うぉーー、熱いこと書いてあるぞっ!って食いつくように読んでて
その結論。思わずふきだしそうにそうになりました(笑)
面白い・・。

それはイイとして、SIXXRKさんとかなり考え方が近いです。
・・・・・・
自分も昔はグレイとかラルクとかルナシーとか流行ってた時代では普通に聞いてましたし、好きでした。
それは刺激を感じていたし、イイから聞きたいって思っていたからです。
それが今ではRock&Popsになっただけです。
別の言い方をすれば日本の音楽に魅力を感じなくなったって事ですけど・・。けどそれは嫌いではないんです。認められない?共感できない?
浅井健一の音楽は自分の中では無くてはならない物ですし、MADとか刺激を感じます。だから聞く。それだけ。

自分がアウトローな人間だからでしょうか?
JPOPにありふれてる出会いだの恋だの夢だの・・勘弁してくれって感じです。でもベンジーが愛とか歌うとすんげーかっこいいんですけどね・・。

恐らく自分が聞いてるRock&Popsの曲の中でも
そういった歌詞の歌はいっぱいあると思います。
それがわからない(←リスニング力無し 汗)からイイのかもしれませんし、なによりRock&Popsってストレートなバンド感がいいんですよね。日本のJPOPみたいに機械で作った音だけで出来てる曲はないんじゃないかって思えますもん。

まぁ要は
ほっとけってことでw
  1. 2005/09/10(土) 10:43:31 |
  2. URL |
  3. Red Hi-Killer #-
  4. [ 編集]

熱いですかね(笑)

あれだけ長文書いて、全否定の結論ですから、長文に意味はなんなんだ、壮大な前フリのようでスイマセン。

最初から洋楽聴く、日本在住の日本人は殆どいないでしょうから、みんな最初は多かれ少なかれ邦楽聴いてますよね。だいたいは最初に入ってくるチャート音楽が入り口だと思いますし。
僕もチャゲ&アスカとか聴いていた時期もありまして・・・。

でも特定の邦楽ミュージシャンにアイドル的な意味で好きではなくて音楽が好きな場合は必然的に洋楽を聴くようになる人が多いと思います。そこには今まで触れた事の無い、魅力的な音がたくさんありますから。

チャート音楽の詞は、使い捨ての適当に耳障りの良い言葉を並べただけのようなものが多いですからね。全てとは言いませんけど。

>それがわからない(←リスニング力無し 汗)からイイのかもしれませんし、
HR/HMの歌詞なんて、意味が分かったら・・・なものも多いですからね(笑)

何事にも強要をする行為は好きじゃないので、特に好みなどに関しては、ほっとけという事で(笑)
  1. 2005/09/10(土) 22:22:58 |
  2. URL |
  3. SIXXRK #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ようやく

前からコメントしようと思ってたのですが、考えがまとまらずできませんでした。

そうですね、まず日本はシングルのチャートを大々的に取り上げすぎ。1曲で何がわかるんでしょうかと普通に思います。アルバムを大事にしてない風潮がいけませんね。僕も前から疑問でした。

確かに日本のチャートを見て与えられているという印象はぬぐえませんよね。一般人(あえてこの表現ですが)と接すると如実に感じます。作られたメディアに左右されすぎなような気がしてなりませぬ。

僕もそんな音楽は卒業し変態街道まっしぐらです。周りの人間にも全く強要する気もないですし、進められてもほっとけでいってます。お前らの言葉は耳に届かんということで・・・
  1. 2005/09/11(日) 11:55:19 |
  2. URL |
  3. Ta9也 #-
  4. [ 編集]

なかなか

難しいですよね。これらの事を文で現すのは。

まずアルバムを作って、そこから出来の良い曲や売れそうな曲、いわゆるキラーソングなんてもの、1曲をクローズアップさせて発売するのが洋楽の主な形ですけど、日本の場合はまずシングルを作って、そこからアルバム制作ですから、シングル第一の日本と、アルバムからのクローズアップの一つに過ぎない洋楽では考えと言うか方法論事態が違いますからね。

チャートに関しては、また一つ思うところがあるので、日記本編に書きたいと思います。

僕の場合チャゲ&アスカ以外はリアルタイムのヒットチャートに関してはひたすらに拒んでいましたね(笑)
その行為の過ちに気付いて一切やらなくなるのですけどメタル全盛時には人にメタル聴け!!って勧めてました(笑)
  1. 2005/09/11(日) 23:29:10 |
  2. URL |
  3. SIXXRK #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyoukararock.blog19.fc2.com/tb.php/18-e67f944e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

最近のコメント

リンク

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。