FURUTECH Flow-15 対 JS PC Audio AFS1




FURUTECH Flow-15とJS PC Audio AFS1で電源ケーブルに繋げるタイプのノイズフィルターの比較。

CDPのMARANTZ SA-11S3に繋げて。

Flow-15は音が丸くなって、緩やかな音になる、聴き疲れはよりしなくなるけど少し暖色すぎる傾向になるというかもっちゃりした感じのキレがない音になる。音痩せをするようなことはないけれどゆったりし過ぎになるかな。

AFS1に繋ぎ替えると、音の鮮度が一気に上がって低音にも張りが出て、音が前面に押し出されるように感じる。

音質的ないつもの好みでは暖色なFlow-15なのだけど刺激がなくなり過ぎてしまうので、AFS1のクリアなサウンドの方に軍配が上がる。

JS PC Audioの限定モデルのAFS1 LTDはノーマルモデルより滑らかな音でより上質に感じられるので最上流の壁コンハムイレイザー間の電源ケーブルに使用中。

AFS1は生産終了で新型のALC-X1が出ている。価格も上がって限定モデル並になっているけどそのうち試したい。今は色々変更中なのでもう少し落ち着いたらにしよう。
関連記事



  1. 2016/09/19(月)|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NVS SOUND CABLE FDS/XLR 導入 | ホーム | TIGLON MGL-R1 対 FURUTECH ALPHA LINE PLUS TIGLON再再考>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyoukararock.blog19.fc2.com/tb.php/1072-e9888fee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

最近のコメント

リンク

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ検索