SUMMER SONIC 2015 Day1



8/15
SUMMER SONIC Day1




Wolf Alice
今回の数少ない観たかったグループ。前日は打ち込み音ばかりだったのでまずバンドサウンドが心地よく、アルバムも予習済みだったので、どの曲も楽しめる事が出来た。



Echosmith
こちらも数少ない事前にアルバム購入で予習済みなグループ。晴れたマリンに合う、キャッチーな女性ボーカルのロックで心地良く、画像の和風?な傘のパフォーマンスなど楽しませてくれた。"Cool Kids"はやはり良い曲だ。



Madeon
昨日から連続のMadeon。EDMの流れなのだろうけど、下品になりすぎないフレンチエレクトロ感があってみたいなものが感じられて中々良かったと思う。マリンのスタンドで観ていたけど、暑さから前日の『Prodigy People!!』のダメージが顕在化しながらただ座ってたという感じで鑑賞していた気がする。


Bastian Baker
The Doを観るためにガーデンへ移動したら演奏中だったので鑑賞。最後にOasisの"Wonderwall"を唄ってくれたり、パフォーマンスも楽しそうなもので、この時、打ち込みのベース音やキック音がキツくなっていたので、そのアコースティックサウンドでProdigy People!!』のダメージからの回復を促してくれましたね。


The Do
フィンランドの女性ボーカルとフランス人男性によるデュオ。エレクトロサウンドで女性ボーカルと男性コンポーザー?のデュオで、まず外れはない!!
エレクトロポップという程のピコピコサウンドという訳ではなく独時の世界観とポップサウンドで、曲の作りが面白いと感じた。
空手の型みたいなパフォーマンスや少し演劇がかった動きなどで楽しませてくれたし、ボーカル、フロントマンの求心力にどんどん引き込まれていった。ガーデンであまり人がいないにも関わらず演者と観客が一体となって双方が楽しんでいるような空間を作り上げてくれていて、大満足に。

『Prodigy People!!』のダメージを全快にしてくれた!と思った(後に錯覚だと分かる・・・)


Ariana Grande
Chemical Brothers待ちという流れもあり観ることに。アメリカのポップス界というかエンタメ界で人気の人は凄い実力者なんだなと思わされるステージだった。歌は凄い上手いし、演歌歌手並みにマイク離して歌える声量、それでいてキレキレのダンスまで踊って殆ど裸?みたないセクシーな衣装を着こなすスタイル、ルックスまで誇っているという。ワールドクラスは凄い。あとは集客もヘッドライナーと思うくらい満員で、こういった音楽の集客って凄いんだと感じさせられた。




Chemical Brothers
さすがのステージというか、映像と音で完璧に楽しまてくれるというか盛り上げてくれる。
1曲目から"Hey Boy Hey Girl"から始まってもういきなり極まってしまった。個人的に惜しむらくは"Out of Control"と "Don't Think"のアレンジが分かりづらくて、あまり崩さないアレンジの方が良かったのではと、この二曲はハイライトの一つになれると思えるものだったので。でも"Saturate"や"Swoon"は本当に良かったし、ラスト前くらいの"Galvanize"がだいたい原曲のままで聴けてこれは本当に良かった。



その後はいつものことながら深夜枠のものは観るという選択肢は皆無に(F.F.SもThom Yorkeも観たかったけど・・・)。
ホテルへ・・・Day2に続く
関連記事



  1. 2015/08/17(月)|
  2. サマーソニック レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<SUMMER SONIC 2015 Day2 & まとめ感想 | ホーム | SONIC MANIA 2015>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyoukararock.blog19.fc2.com/tb.php/1013-609db3aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

最近のコメント

リンク

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ検索