スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

SONY NW-A25 音質とかDSEE HX機能、ハイレゾなどの雑感


外出時に少し使用。ここの所はずっとメインで使っている10proで。それで1時間くらいの使用だったのだけど何だかこの音、疲れるな・・・と思ってしまった。試聴した時からSONYのウォークマンは上位機種も含めて派手な音だなとは感じていたけど。

そこでクリプシュ X10とマランツ HP101の二機種を引っ張りだした。この二機種はどちらも丸く柔らかい音を出すお気に入りの音。ウォークマンの派手で疲れやすい音を緩和してくれるのではないかなという事で。どちらも狙い通り10pro使用時よりは好みの音を出してくれているので今後はどちらかがメインになりそうな気がする。柔らかい音を出すか、フラット指向の音のものでないとウォークマンだと長時間は疲れそう・・・。


DSEE HXというハイレゾ音源風にアップコンバートする機能があったので最初は使っていた。効果はどうなのかと何度もオン/オフを繰り返して所有イヤホン、ヘッドホンを色々使って聴き比べたけど、そんなに大きな変化はなくてオンにすると若干高域が強調されてクッキリするかなといった所。オンだと電池の持ちも短くなるみたいだしクッキリする方向性は望んでいないので、聞き疲れの要因かなと思って折角の機能ながらオフにしてしまった。


あとはclear audio+というソニー推奨の音質機能もあったので試してみたけど、これは迫力!!といった感じの音だった。幼少の頃の自分だったら確実にオンにしていただろう元気過ぎる音。幼少の頃は低音の量ばかりを重視しているのはなぜだろうかと思って、耳の劣化や良い音に対する無知が引き起こしているのかな何て考えたけど、単純に元気だからだな。低音に耐えうる体力、気力が存在するからそれを求めるのかなんて。

試聴でハイレゾ音源を聴いた時に思ったけど、ポータブルやPCオーディオで良い音とされているものが高域強調のクッキリした硬質の音で、どうもその方向性が苦手で合わない。この手の音って短時間や一聴すると、凄い!と思えるけど長時間聴いているとどうしても聴き疲れする傾向になる。そこをどうにかして行くのがオーディオの楽しみだったりするのかもだけど。丸く滑らかでいつまでも聴いていられる大らかな音が好きな自分が求めるものではないように思える。自分が好きな音源もエレクトロポップで丸い音だしね、と。

真空管アンプにアナログレコードで聴く程にクラシカルに振れず、前述したようなPC・デジタルオーディオでクリア高解像度最新テクノロジーにも行きつけず、クラシカルにもモダンにもなれないアナログアンプにCDプレイヤーという何とも中途半端な立ち位置だなとは思うものの、そのシステムが自分のベースで、その中で心地良い音を追及していけばいいやね。

使用していく中で耳も慣れてまた違う印象に変わるかもだけど今の所、ウォークマンNW-A25 に関しては、派手で聴き疲れしがちな音質なので柔らかい音のするイヤホンヘッドホンが合うかなと思っている。


スポンサーサイト
  1. 2016/05/06(金)|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モヤふじ準備中



自分の中では相変わらずモヤモヤしているフジロック。
ラインナップに興味がないので、最近Babymetalが気になっています・・・。いくつか曲が面白いなと思ったからで、真ん中の子は美人だなとかそういったことではない。はず。

とはいえ初のフジを前に準備を少しずつ。
まず会場で使うバッグです。

色々見ていてもはやどれにしていいか高いの、安いの分からなくなり、1999円でこれに・・・。
いや十分だろと勝手に思ってます。

続いて雨具。
ゴアテックス高過ぎ・・・モンベル・・・それでも高いぞ・・・用途ないからな!となり

ミズノ ベルグテックに。これも十分に違いない!

さらにこんな雨具も買いました・・・。小雨ならこれで対応出来ないかなと・・・。



あとは椅子・・・椅子は・・・ヘリノックス・・・普段全く使わないのに高い・・・。

これは高いけど、なんとなく重量と座り心地の兼ね合いからこれしかないのではと・・・。


走っている途中に雨に降られたときにウィンドブレーカーのフードでは雨に対応が難しく、視界と耳が覆われてしまう体験をしたのでゴアテックスハットも。未だにタグが付けっ放しの使い途なし状態・・・。


靴はフジといえばメレルなのかなというだけでメレルに。アディダスの登山靴とも迷ったけど、フジとえばメレルなんでしょ、ということで。


一応25Lのリュックだけどヘリノックスと雨具のベルグテック入れたら結構パンパンなんだけど・・・。あと軽いと言われるヘリノックスでもやっぱり結構重いなとか・・・。


靴とかリュックとかあるから使ってみたい・・・と思って、

登ったり・・・


登ったり・・・

してました。山の気温差が体験出来たりして良かったと思います・・・ランニングとは違う脚力も鍛えられて良かったと思います・・・空気が綺麗。

もやフジ行く前からコストがすごいよ・・・。


  1. 2016/05/04(水)|
  2. ライブ、フェス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミラクル・ニール!


最近観た映画の中で最高だった映画。久々に映画館を後にしたときに朗らかな高揚した気分が味わえた。
サイモン・ペッグのSFコメディーな作品はどれも外れがないし、自分の感性になじみすぎてしまう。
ホットファズ、宇宙人ポール、ワールズエンド、そして今回のミラクル・ニール!と。(傑作とされるショーンオブザデッドはそこまで好きではない。ゾンビとかそんなに好きじゃないからかな。New Orderのレコードをゾンビに投げつけるの躊躇うとかは最高だったけど)
今回は出ていないけどまたニック・フロストとコンビの、私がなじむ映画を作って下さい。
このなじみ感は他の映画ではどうも味わうことが出来ない。

しかし一人で映画を見るようになってからはSFとアメコミしか観ていない!!


  1. 2016/05/04(水)|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KRYNA SPケーブルSpca7 インシュレーターD-PROP EXTEND  スタンドStage

KRYNA SPケーブルSpca7 インシュレーターD-PROP EXTEND  スタンドStageとKRYNA製品を結構導入していたりしていた。これも日が経ってしまって導入当初の印象が薄れ、現在の音が当たり前に馴染み気味なので感想が書きづらいような・・・。



SPケーブルSpca7は以前使っていたFURUTECH EVOLUTION SPEAKER2-04が高域寄りの美音な音色でシャカシャカしてしまう傾向があってあまり好みでなくて、もっとフラットバランスでいて低域もしっかり出るようなものと思い、手に入れたのがKRYNA Spca7。ほぼ狙い通りになって、誇張されるような音もなくそれでいて情報量が増えて、低域の力も十分な音になったかな。


インシュレーター D-PROP EXTEND。TIGLON TMX-3に特に不満はなくてかなり長い事、使っていて替えたかったからというだけの理由・・・。癖がないということでともて評価が高く導入してみたいとずっと思っていた D-PROP EXTENDにしてみた。まぁとにかく高いので、何かこう勢いでエイ!やっ!と・・・。
高価なので推奨の4点菱形置きではなくて前1後2の3点で使用。TIGLON TMX-3との比較だと少し高域キツめのクッキリしたサウンドになるかなと、その分、情報量や音が迫ってくる感じは格段に上がるかな。よく言われている癖がないという印象はあまりないかな。TIGLON TMX-3は凄い音の広がりがあってD-PROP EXTENDとはまた違った魅力と傾向かなと。KRYNAの提唱するサウンド的にはTMX-3の方が近いような・・・そうでもないのかな・・・改めてまた比較してみるかなぁ・・・。しかし高い。


スタンドのStageは、それまでスペース的にもスタンドが使えなかったけどやっぱりスタンド乗せたい、とりあえずこれでいいかと導入したのがTAOC EST-60HL。スタンド使用で音が劇的に向上して満足だったけど、とりあえず試しにで選んだものだったので暫くするともっと良い製品と・・・いつもの如くなってしまい、こちらも評判も良く作り、見栄えもよいStageをいつかはと思い続け、エイヤッで・・・。
TAOC EST-60HLでも十二分に良かったけれどStageは全体的な音の大幅向上という。EST-60HLだと音が荒いというか広がらない。Stageだと音が広がり、それでいて整うような印象に。


KRYNA製品を大量導入していたりしたけど最初にも書いた通り、現在の音に慣れて当たり前になってしまい変化や当初の印象がどうだったっけ・・・というおざなりなものに。

KRYNA製品モノは良いけどちょっとした単品オーディオ組めちゃうようなくらい高価・・・なので一気に揃えた訳ではなく更新していない数か月の間に少しずつです・・・。でもこの辺り入れればもう他が気になったりすることも殆どなくなるだろうと言い訳しながら導入です。


  1. 2016/05/04(水)|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電源タップ the j1 project PT4P



the j1 projectの電源タップPT4P。だいぶ前に導入していたけど更新ほとんどしていなかったので紹介。
OYIDEのMTB-6が密度感が出過ぎで空間表現が悪く、高域もキツくて良くなかったのでずっと替えたいと思っていてKRIPTONのPB-HR1000でも手に入れて電源タップ終わりにしようと思って出掛けて、なんとなく覗いたダイナミックオーディオでPT4Pが特価で売られていて、レビューで見ていた音の傾向から前から少し気になっていたので、これは!と思い特価からさらに値下げしてもらってPB-HR1000の1/4ほどの価格な事もあってこちらに。

MTB-6が好みとかけ離れていた事を差し引いてもPT4Pの導入で大幅改善と好みの音に変化。

派手さはないけどキツイ音を出さないとても落ち着いた、滑らかな音質で低域も厚みと量感を備えてかつ丸みのある音という好みの方向性を備えた特徴を持ったものでこの導入は本当に良かった。

ただこのタップの特徴でもあるし、MTB-6との対比であったかもしれないけど、良い意味で地味、音で言えば高域の煌きみたいなものがなくなってしまったかなぁ、もう少しだけそこが足せれば良いかなと思って、最初の画像でネタばれしているけどOYAIDEのインシュレーターINS-BSをネジ止めで使用。



これ高域の改善というより、本体にインシュレーターが付いていなくて本体も軽くはないのだけど重量のある電源ケーブルを4つ全てに付けると結構本体ごと持っていかれてひっくり返り気味になってしまっていたので重量改善という意味で付けたところ、重量も増して電源ケーブルによる転げることも無くなり、音の高域も煌びやかが増して完全に改善。

滑らかな落ち着いた音色のとても良いタップ。金属系のインシュレーターで重量と少し弱い高域も改善されると思いますね。


  1. 2016/05/04(水)|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

UTX1 UT20 VEK0V15B USBコンディショナー比較



USBのある機器に挿すノイズフィルター的なものです。
左からパナソニックVEK0V15B、JS PC AUDIO UTX1とUT20。

初めはパナソニックVEK0V15Bだけで「音がくっりきする」という感想を載せたのだけどJS PC AUDIOのものと比較するとかなり印象が違うものになってしまったので改めて。

JS PC AUDIOですが、こちらはネット販売のみでオーディオアクセサリーを販売されていて、電源のノイズフィルターAFS1を全ての電源ケーブルに付けたりと高価な他のメーカーのアクセサリーは中々手が出ない中、安価で良品、さらに効果も高いので自分のオーディオに使えそうなものがあると購入しています。

画像は分かりやすくするためCDプレイヤー SA-14S1の前面端子に繋げていますが、普段は前面端子には繋げず(うっとしいからというだけの理由、こちらも塞いだ方がいい筈だけど)CDプレイヤー、アンプ、BDレコーダーの背面のみに繋いで使用。CDプレイヤー、アンプは変換プラグ使用です。

ではまずパナソニックVEK0V15B

「音がくっりきする」という当初の印象と全く違ってしまって、中低域よりになるという印象に。JS PC AUDIOの二つと比べるとノイズ感が減る感じも少なくて、迫力を出したい低域の押し出しを強くしたい場合に良さそうだと現在は思っています。

JS PC AUDIO UT20

JS PC AUDIOのUSBターミネーターのエントリーモデル。こちらが音がクッキリハッキリするというものでした。クリアになって中高域に特徴を出して低域は締める。自分のシステムでは高域が少しうるさく感じてしまう印象もあり。

JS PC AUDIO UTX1

こちらはハイグレードモデル。なめらかで艶のある音を出します。ボーカルが凄く綺麗に出て、低域が減ることもなく丸く柔らかい音で凄く自分の好きな音。音の刺さりという意味での刺激的な音、厭な音を全く出さないので非常に良い。


VEK0V15B二つだとまったりというか低域厚めでクリア感が弱い、UT20は一つでも結構高域が強めのクリアサウンドになりすぎる傾向だったのでUTX1を手に入れる前はVEK0V15BをCDプレイヤー、UT20をアンプに使って低域的な音と高域的な音でバランスを取る形で使用。

現在はUTX1をCDプレイヤー、アンプ。VEK0V15Bは映画やライブ映像などの低域重視に良さそうなのでBDプレイヤー背面に二個使用。UT20は未使用に。

あくまでノイズフィルター、コンディショナーな製品なのでどれもノイズ感を下げて整えた音、情報量は増す上での特徴ですが、
簡単に書けばUTX1中域・なめらかサウンド、UT20は高域・クッキリクリアサウンド、VEK0V15Bは低域・迫力サウンド。

好みにもなるけどUTX1はかなりのお気に入り、音の質という意味でも他二つよりは確実に上質なものだと思う。

しかしそれぞれ傾向が違うので、狙った音、好きな音、補いたい部分などで上手く組み合わせたり出来て良いかなとは思う。端子の場所にもよるけど前面であれば付け外しも簡単だし、一般的にはこの価格でも高いと思うかもだけどオーディオアクセサリーとしてはどれも安価だからUSB端子があるプレイヤーやアンプがあれば試してみても良いのではないかなと思います。


  1. 2016/05/04(水)|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iPod classicの使い途



ウォークマン購入により使い途がなくなってしまったiPod classic。
とりあえずCDプレイヤーSA-14S1に繋げてランダム再生させたりしてラジオ的なBGMとして使用したりCDを替える手間を省いたスマートぶった気取った聴き方用に使用しても良いのかなと思ったけど、あんまりそれらの使用法に魅力を感じない。

どうもCDで聴くという事になれすぎてしまっていて変更することを特段手間と思うこともなく、その作業を外したいとも思っていない。DAPなどでもプレイリストたくさん作って聴くとか、ランダム再生も全くしない。一枚これを聴くんだという聴き方が染みついてしまっている(曲は飛ばすし、途中で違う作品には頻繁に変えるけど)。

一応、音質はCDと比べるとやはり緩く籠った感じで情報量など当然ながら全てにおいて大幅な差はある。256のAACの圧縮音源でiPod classicからというものだけど比べなければ酷い音だ!聴けやしない!なんてこともなく普通に聴ける音質はある。SA-14S1はDACやヘッドホンアンプ部分なども割と力を入れている機種のようだからその辺りの力もあるのかな。

売却してもいいのかなぁとも。ディスコンによってレア化しているせいか1万円前後の買い取り価格がついている。上限だから傷やら何やらで減額されそうではあるけど10年近くも使ったものなのに凄い高額。
音源入れたまま友人に譲るとかだと、自分の音源に興味があれば価値があるのかななんて。SIXXRK PLAY MUSIC 1万8千曲。少ないな・・・・価値ない・・・。

予備として取っておくか。で、引っ張りだして使おうとすると、使わなすぎにより故障しているになっていそうだけど・・・。


  1. 2016/05/03(火)|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SONY NW-A25 購入



約10年振り(正確には9年)にDAPを買い替え。なぜこんなに長い間、買い替えなかったのかといえば、iPod classic160GBの替わりになる容量と価格のプレイヤーがついぞ発売されず、iPod classicは新型や大容量版が出ることもなくディスコンに・・・。
そして10年近い間、特に大きな故障や消耗がなく現在も通常使用出来ること。この2つの点で特に買い替えに至らなかった。

ただ電池の持ちも若干悪くなってきてはいる、HDDの摩耗からか時々曲が止まる、曲を変える際の反応が遅い(どれも気にならない程度だけど)、など多少不具合もあって、少し調べてみたりした。

最近のDAPは本体容量は少なくてmicroSDカードで自分で好きに増設して下さいという仕様のものがたくさんあった、これならいけそうだと。なにせ現在曲数1万8千超え、iPod classic160GBの容量が残り10GBなので半端な容量では足りないのです。

そこでオンキョー DP-X1、パイオニア XDP-100R、ソニー ZX2、ZX100辺りの評判の高級プレイヤーを物色。
まずオンキョー DP-X1、パイオニア XDP-100Rはスマートホンみたいで大きい、アンドロイドが積んであったり音楽プレイヤーとしてだけの機能で良いので候補外。ソニー ZX2も大きさと価格で除外、ZX100も価格の価値が見出せず。
この辺りのプレイヤーならポタアンが無くても高音質で大きさ、重さ、気にならないと思ったけど、やはり気になるし、小型化させたいという思いもあって。あとは自分の場合は外専用でハイレゾやバランス接続などに興味がないので必要ないし結局、外出時に雑踏で聴くということであれば大層な音質や細かい音の差異などよりも携帯性、あとは本体を取り出さずとも操作できる方が良いのでタッチパネルのものも嫌だなとなり。家など静かな環境でも常に使用するのであればまた違うだろうけど。


行きつたいのが大幅グレードダウンでソニーのNW-A25に。
自分の所有音源を全てを小型サイズのプレイヤーに持ち出せる事、これが達成されれば自分の場合は夢のようだと思っていてiPod classicの時も驚嘆して使用していたけど、それが約10年でNW-A25のサイズで実現されるなんて、ドラえもんの道具もSFもビックリだなぁと思う。
容量は160GB以上を達成しなければならないので200GBのmicroSDカードを購入。公式では128GBまでという表記だけど何の問題もなく使えています。microSDのあんなサイズに200GBという事も凄いと思うけど、数年後に1TBとかになるんだろうなぁとも・・・。

使用感はiPod classicとポタアンFIO E12だったのでコンパクトになりすぎて逆に戸惑ったり、初めの頃はホイールの癖が抜けずにクルクル回したりなどあったけど、問題もなく良好。シリコンカバーを付けたので少しボタンが押しにくくなってしまい、間違えたボタンを押してしまうこともあるけどまぁ慣れるでしょう。
曲の転送、管理も専用の推奨ソフトMedia Goを使用しなくても今まで通りiTunesからで問題なく使用出来るし、Media Goを使う場合でも立ち上げたら自動でiTunesの音源を移行して使えるようになっていて良く出来ているなぁと感心。
自分はMedia Goは使わず、iTunesを引き続き使用して音源の転送はエクスプローラー上でドラック&ドロップで移動させるやり方で使っている。特に問題なし。

ジャケットが画面に大きく出ることも嬉しい所。音楽に関係はないのだけどジャケットが綺麗に大きく表示されると気分が良いもの。


音質はポタアンなしでも十分。iPod classicよりも断然良い(あの緩い音も嫌いではないけど)。クッキリハッキリした音かな。ドンシャリといえばドンシャリ。ポタアンのE12を繋いだ方がよりクリアで締まった音になるけど、携帯性重視で外出時には使わないかなと思う。



ホイール型のiPod nanoがフラッシュメモリー大容量になれば一番良いなと思い続けていたのが叶ったと思える。小型化、容量アップ、反応遅延なし、と10年振りの買い替えで着実な進化を遂げたものが手に入れられて購入して良かったなぁと思える製品でした。


この辺りの製品のレビューなどを見ていると低音が少ないとか、イコライザーの種類や調節を重視しているようなものが結構多くある。しかし、これで低音が足りないとか耳は大丈夫なのか(健康的な意味でね)とか、イコライザーなんか弄らないけどなぁなんて思ってしまうけど、自分も昔はラジカセやミニコンポ、あるいはCDウォークマンなどは必ず低音ブースとみたいなものを最大限活用していたし、ROCKモード、POPSモード、ホールモードとかそういったものがあると嬉しくてよくいじっていたなと。
なぜか幼少の頃は低音に惹かれる。BASSブーストみたいなもの大好きだし、それが良い音と思えるのだよなぁ。
老化による耳の劣化と何か関係があるのか、無知?なだけか果たして。


  1. 2016/05/03(火)|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出揃ってきたサマソニ&フジロック2016雑感

フジロックは相変わらず何もないです・・・StereophonicsとTravisの発表でようやく少し嬉しいところが出てきたぞとは思ったものの、両バンドともそんなに好きという訳ではなく、といった程度。
行けば楽しいのだろうけど、何しに行くのだろうか・・・というモヤモヤした気分継続中。

対してサマソニはかなり良い。The Offspringなどは何だと言いながらも盛り上がるだろうし、Digitalismは個人的に嬉しい所で、Pop etcや体力が持つか分からないけど(ソニマニがないからいけるかも!?)HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERはSavages 、The Deer Hunterなどは見てみたい。
ロッキンオンのインタビューによると本当はColdplayとRadioheadのヘッドライナーにソニマニはNew Orderにする予定だったようで、それが実現していたら本当にすごかったなあと。

チケット代が高いとか平日水曜とかで断念したNew Orderの単独公演だけど金曜の追加公演が発表されたから結局購入・・・きっと公演日になったら行かなかったことを悔やみそうだから。
しかし最近の来日公演のチケット高騰しすぎではないか。ちょっとベテランとか大きな会場だと1万超えが当たり前みたいになってしまってこれでは中高生なんて絶対に無理ではないか。若い時にNew Orderのライブ見て衝撃を受けて、こういう音楽にのめりこんだ、みたいな体験させる気ないよね。


  1. 2016/05/03(火)|
  2. ライブ、フェス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016 1月~4月

4月
VERUCA SALT - GHOST NOTES


上原ひろみ - SPARK


相対性理論 - NEW WORLD


Perfume - COSMIC EXPLORER



3月
PRIMAL SCREAM - CHAOSMOSIS


PET SHOP BOYS - SUPER


UNDERWORLD - BARBARA BARBARA WE FACE A SHINING FUTURE


WEEZER - WHITE ALBUM


JEANETTE LINDSTROM - FEATHERS



2月
SCHOOL OF SEVEN BELLS - SVIIB


TINY FIREFLIES - THE SPACE BETWEEN



1月

BAUHAUS - 5ALBUMS BOX SET


BLOC PARTY - HYMNS


CHAIRLIFT - MOTH


COCTEAU TWINS - STARS AND TOPSOIL ACOLLECTIONS


OWL CITY - THE MIDSUMMER STATION


SUEDE - NIGHT THOUGHTS



TOVE STYRKE - KIDDO


ASIAN KUNG-FU GENERATION - ソルファ



  1. 2016/05/03(火)|
  2. 購入記2016
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

最近のコメント

リンク

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。