スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

SUMMER SONIC 2014




8/15
SONIC MANIA
KRAFTWERK → KREWELLA  → サカナクション → ZEDD → KASABIAN



KRAFTWERK
3Dライブということで3Dメガネを装着しビフの子分みたいな容姿になり鑑賞。
オープニングから"The Robots"で始まり重厚なアレンジであのリズムが掛かりだしてテンションが一気に上がり、その後もアルバム"THE MIX"と同じような流れのセットリストで全部知っている曲で満足。3Dは凄く浮かび上がる時もあったけど、全体的にはそんなに浮かび上がらずだったかも。
大好きな一曲"Computer Love"が無かったのだけが残念だったけど、 漠然と聴いていただけの"Trans europe express"は列車のガタンゴトンというような音や列車が近づいて遠ざかるドップラー効果のようなものをリズムやメロディーで再現したいたのかと3D映像を見ながら分かる事が出来たのはとても良かった。
あとは"Radioactivity"の歌詞のヒロシマの所をフクシマに替えている部分で、歓声というよりザワつきがあった気がするけど、反原子力という意味で言っているのが伝わっていないというか知られていないで「そういうこと言うのかよ?」と非難されているように感じている反応になっていたのが仕方ないといはいえ何だか残念だった。


KREWELLA
とにかく派手な音でCDのような歌ものよりDJプレイに時々、生歌を入れるようなスタイルだった。凄い派手さと勢いを伴っていてとにかく盛り上がるけど、何だかうるさく感じてしまったというか、一本調子なので飽きてしまい半分くらい観て移動してしまった。


サカナクション
序盤に"MUSIC"をやってくれたりして良かったけど、中盤に残響音みなものをやって、それが結構長かったので、こちらも半分くらい観て移動。


ZEDD
CDを聴いてこれは盛り上がるのだろうとは思っていたけど、想像以上だった。映像と音のリンクに一分の隙もなく盛り上げ続けるアレンジや繋ぎ、センスが凄いと思ったKREWELLAの一本調子とは一線を画す出来。派手な音作りで少し軽薄かなという印象で好きになりきれないEDMの音だけど、ここまでやられると人気も出るし、これは受けもよいよねと認めざるを得ないようなライブだった。ただとにかく派手だから飽きが早くて短命な音のような気もしないでもない。
なんだと言っているけど、ZEDDのライブには圧倒されて最後まで観たかったけどこちらも半分くらいで移動。


KASABIAN
最初から最後まで各アルバムからのキラーソングをやり続けてくれるサービス精神溢れる?セットリストで、畳み掛けられて飽くことも止まることなく一気に駆け抜けたような感じで凄く良かった。言うことなしな出来。


翌日を考えてホテルへ。去年はたくさんいたタクシーが今年は2011年の時にように全然走っていなくてタクシー難民になりかけたけど、流しているタクシーをすぐに捕まえられて心身の摩耗が最小限に止められた。


8/16
SUMMER SONIC
SKY FERREIRA → WHITE LISE → JAMAICA → ROBERT PLANT → ARCTIC MONKEYS → PHOENIX



SKY FERREIRA
特に観たいものがなかったのでリストバンド交換したりグッズ買ったりして一度ホテルに戻り休憩後、午後の13:50のSKY FERREIRAから開始という事で、やっぱり今年はスカスカだなぁなんて気持ちが乗りきれていなかったものをSKY FERREIRAのライブが想像以上に良くて一気にスイッチを入れてくれた。ランニング中にかなり聴いていたから全曲バッチリ頭に入っていたし、歌も上手くて、とても良いライブだった。そして思いのほか美人だった。決っして美人だったからハイになった訳ではなくてライブが良かったからだと。
サイン会やっている所を少し覗いてみたけどハリウッド女優みたいだなと思ったとか。

WHITE LISE
こちらも好きなグループだし、SKY FERREIRAと並んでこの日の楽しみの一つだったけど、期待していた以上の凄く良いライブだった。ボーカルも演奏も力強くて、どんどん引き込まれていったし、もともとメロディーがグッと来る所がある曲が多いからそれがまた映える映えるという感じで、楽しみだったSKY FERREIRA、WHITE LISEが思っていた以上に良いライブでもうここで大満足な気分になってしまった。



JAMAICA
所有している1stからの曲が多くて、ポップでノリの良い曲ばかりなので心地よく楽しめた。


ROBERT PLANT
MEGADETHも観たかったけど席確保も含めてROBERT PLANTへ。
カントリーのバンドでなく民族音楽風のロックをやる感じだった。Led Zeppelinの曲も民族音楽なアレンジで分かりづらいなんて思いながらぼんやり観ていたけど思っていたより高音も出ていて最後にLed Zeppelinのアレンジのままで"Whole Lotta Love"が聴けたのは最高だった。



ARCTIC MONKEYS
ライブは良かったけどセットリストが最新アルバムからの曲ばかりで、新作も嫌いではないけど単独でなくてフェスのトリなんだしもう少し初期の疾走感溢れる曲もやってくれた方が盛り上がるしバランス的にも良いのではないかなぁと思ってしまった。新作が重めのリフで攻めるような曲ばかりだから、そればっかりだと少し退屈になってきてしまう気がして。
あとはボーカルAlex Turnerのオールバックな髪型に黒スーツという服装がDepeche ModeのDave Gahanと同じに見えて仕方なかった。



PHOENIX
半分くらいしか観る事が出来なかったから個人的にはノリ切れない感じだったけど、影の演出もカッコ良かったし、ボーカルがダイブをたくさんしていて大盛り上がりのライブだった。


8/17
SUMMER SONIC
TIMEFLIES → A GREAT BIG WORLD → LITTLE MIX → CHARLI XCX → ROBERT GLASPER EXPERIMENT → きゃりーぱみゅぱみゅ → BANKS → RICHIE SAMBORA → AVRIL LAVIGNE → QUEEN




TIMEFLIES
ラップを入れた打ち込みサウンドという感じ。とにかく暑いマリンスタジアムのアリーナでノリの良い曲をかけられればもはや何でも良い気分になってしまう。日本語のラップも作ってきていたりと楽しかった。


A GREAT BIG WORLD
引き続き暑いマリンに留まり、爽やかなピアノ主体のベンフォールズのようなポップナンバーで心地よくなる。


LITTLE MIX
CHARLI XCXを観る予定だったからメッセに戻ろうと思ったけど、暑過ぎるマリンのアリーナが心地良くなりさらに居着くことに。イギリスの新しいアイドルグループなんだろうけど、みんな歌も上手いしダンスもキレキレだし、質が高いなぁと思えたし観ていて楽しめた。どのメンバーも20歳くらいみたいだけど全くそんな風に見えない迫力満点の貫禄を身にまとっているのは何なんだろうか、綺麗とかカワイイとか以前にまず凄い強そう!!なんだよね。


CHARLI XCX
ラスト一曲しか観られなくて残念だった。かなり良さそうだったからフルで観たかったなと思った。


ROBERT GLASPER EXPERIMENT → きゃりーぱみゅぱみゅ
ここは二つを行ったり来たり。きゃりーはソニックステージで入場規制が掛かっていたので、人数とステージの割り当てとしては逆の方が良いのではとも思ったけど、仮にも洋楽フェスでROBERT GLASPERがパッと出てきて売れたアイドルのようなものより小さなステージというのもなぁなんて考えながら過ごす。


BANKS
この日の唯一の期待だったけど、灼熱のマリン三連発の疲れと、アルバムも出ていないので曲も知らないという事もあってそんなに楽しめず。Lordeをもっと暗くしたような印象かな。


RICHIE SAMBORA
ELLIE GOULDINGが観たかったけど、疲れが一気に出てきた事と今日も席確保のためにRICHIE SAMBORAのマリンへ。
Orianthiが全然目立たないし、自分の疲労感や腹痛を感じ始めてきて"Livin' on a Prayer"をやってくれたりもしたけどBON JOVIの声で聴きたいなとも思って、特に気分が乗ることもなく"Livin' on a Prayer"で締めれば良いのにラストが土着ロックな?"Blaze Of Glory"か何かだし千葉ロッテのスタジアムで巨人の村田のユニフォームを着て嬉しそうにしていたりと、体調がイマイチな事もあって投げやりな気分になってしまい粗ばかり感じてしまっていた。



AVRIL LAVIGNE
RICHIE SAMBORAの流を引きずって、何となく観るかって気分になってしまっていたけど、シングル曲や知っているような曲ばかりで和太鼓が出て来たり演出も良くて、スタジアムの入りも良くかなり盛り上がっていてJoan Jettの"Bad Reputation"や"I Love Rock 'n' Roll"のカバーがあってラストは1stからの"Complicated" "Sk8er Boi"で締めくくりと思いの他、楽しいライブで座っていて体調も戻ってきて気分を良くしてくれた。



QUEEN
もうこれは圧倒的だった。
始まる前から垣間見えた巨大セットから、QUEENのロゴ?的な幕が徐々に貼られてそこから暫く低いゴーンと響くような映画風の効果音で気持ちを煽って、始まったら巨大な鏡のようなモニターのセットが現れて、そこからはヒット曲連発、Adam Lambertは完璧に歌い上げる歌唱力だし、途中でフレディ・マーキュリーが映像の中で歌ってそこに演奏を被せた反則な演出もあり。"Bohemian Rhapsody"も"Radio GaGa"も聴けて最後に"We Will Rock You"と"We Are The Champion"、アウトロ流しつつメンバーが挨拶しながら花火が上がり、もう言う事なし大満足。
あっとう言う間でもっと長く観たいと思ったし、トリを飾るバンドはいつも格が違うなぁなんて思う事が多いけど今まで観た中でもQUEENは別格だったとさえ思える程だった。



始まる前は今年のラインナップは何なんだろうか、と思っていたけど、終わって見れば大満足で今年も開催有難うございましたという気分に。
We are the robotsに始まりWe Are The Championで締めくくる何て物凄い事だなと思って。
でもここ数年の中では動員が伸びなかったようでリストバンド交換やグッズもスムーズというか空いていた感じだったので少し洋楽の面子を頑張って欲しい所。

もう六度目なので移動、座席やロッカーの確保、体力配分、高速バス利用だったりと過去の失敗を振り返りつつ色々とスムーズに慣れたものになってきたのだとも感じていたり。


そして今回は初めてデジカメを持ち込んで行ったので鮮明な写真がたくさん撮れて、さらに撮ったものを見ながら振り返ったりすることが出来て嬉しかった。
今までガラケーの携帯で画質が酷くて夜や暗い場所などは全く撮れないような状況だったから。
コンデジだけどそこそこの性能のものを購入していたおかげか、20倍のズームは凄い威力を発揮した。スタンドにいながら鮮明な写真が撮れて特にQUEENは照明も良いのかオフィシャルや雑誌の写真のような出来だった。
ただずっとガラケーカメラだったから過去の記録が全然無い事が悔やまれる。
そんな訳で画像多めのサマソニレポに(演者が鮮明に映っているものはあえて載せないようにしておいた)

↓去年、撮ろうと思ったけど全く綺麗に撮れずに諦めた夜のミニ観覧車。



最終日、日曜日の夕方くらいから「え!?もう終わるのか!!」「まだだ!まだ終わらんよ!」という何とも言えない気分に毎度なる。今回はAVRIL LAVIGNEを見ている時にそんな気分になり半泣きになってました。

QUEENの途中まではお腹がまだ痛かったけど、QUEENに魅入り過ぎて帰りのバスでは腹痛が飛んでいた。音楽って本当に素晴らしいですねって気になりましたね。

鍛えて過去最高の身体で臨むはずだったのにオーバーワークなのか何なのか直前に少し腰や膝が痛くなったりとあまり万全の状態でなく、開催中も喉が痛かったり腹痛だったりと致命的なものにはならないもののって感じだった。スポーツ選手とかがコンディションを目的に合わせるのって凄く大変なんだなと次元が違うレベルだけど痛感したり。

お腹が痛かったということもあるけど日曜はホテルの朝食を少し食べただけで後は一切、固形物を入れなかった。相変わらずだけど我ながら物凄く燃費の良い身体だと思った。

マリンスタジアムの一階席の椅子が新調されていてスタジアムの椅子としてはクッションの心地良い凄く良いものになって腰痛で硬い椅子だと骨が当たってお尻が痛くなる身としては長時間座っていてもリラックス出来るものになっていたのがとても助かった。

今回は一週遅めの開催年(早かったら台風になっていた所だったけど)だったのでいつもの
サマソニ→余韻に浸りつつ連休→ゾンビ
の余裕ある流れではなくて、
連休→サマソニ→ゾンビ
の流だったのでサマソニからゾンビになるギャップが辛い・・・辛すぎるヘージツを送り、鮮度ない遅いアップになってしまった。


ベストアクト
SKY FERREIRA、WHITE LISE
QUEENは別格ということでベストアクトにあえて入れない、ベスト~ニスト殿堂入りみたいな扱いということで。
SKY FERREIRA、WHITE LISEはどちらも今回のラインナップの中の自分の中の少ない楽しみだったけど、これがしっかりと二つとも期待を超えるものを観る事が出来て、モヤッとしていた気持ちの霧を一気に晴れさせて、もう満足ですって気分にさせてくれた上にサマソニだ!っていう高揚のスイッチを入れてくれた存在だった。


今回のシャツとビフの子分風になれるクラフトワーク3Dメガネ。



スポンサーサイト
  1. 2014/08/22(金)|
  2. サマーソニック レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コンディション調整が・・・

サマソニも近く、お盆休みなのでトレーニングは追い込みだ!サマソニまで毎日走って、毎日映画観に行って、オーディオいじったり、サマソニの荷造りしたり、精力的に活動するぞ!なんて意気込んでいたけど、オーバートレーニング?なのか腰も膝も痛くなってきて何より疲れが取れなくなって来ていて本末転倒な状況・・・コンディション調整に失敗したW杯日本代表みたいになりつつあり、一応毎日走ってはいるものの他は全く達成していません・・・今日も走っただけで疲れて、一日中寝ながら読書していたら二冊読了してしまった・・・。

とにかく、もうサマーソニックですがやっぱり例年に比べると気持ちは落ち着いている。
それから例年だったらタイムテーブル発表後は眺めては考えるのが日課なのに全然見ていないので中盤から前が全く予習や予定を考えていないことに気が付いて、ちゃんと考えようと。


8/15
Kraftwerk→Krewella→ZEDD→KASABIAN

中田タスタカも少し観たいけどKraftwerkと丸被りだからここはもう仕方ない。
ソニマニはこれでほぼ決まりかな。サカナクションをチラ見するかも。NERVOも余力があれば観たいかも。


8/16
Happy→Childhood→Telegam→Sky Ferreira→White lies→Jmaica→Ghost?→MEGADETH?→Arctic Monkeys→Phoenix→Heartsrevolution

Sky Ferreiraまでは流動的になりそうだけど、ずっとソニックステージに篭っていそう。GhostとMEGADETHは少し見てArctic Monkeysをフルで見て、Phoenixは終盤少し観れるかなって感じで、Heartsrevolutionは観たいけど体力が持つかどうか。
Robert Plantは観たぜ!って言いたいような気もするけどNHKで放送したライブ観るとカントリーだし、声低いし、ツェッペリンの曲もカントリー調で何だかなぁという感じではある。スタンドの席を確保するためにGhostとMEGADETH切ってRobert Plantから座っている可能性もあるかな。
ただあの時間にゆったりカントリーやられたら寝る気がする。以前もBeady EyeとMETALLICAで中盤寝てるので・・・。


8/17
Timeflies→Circa Waves→Dinosaur Pile-Up→Charli Xcx→きゃりー→BANKS→Ellie Goulding→Avril Lavigne→QUEEN

この日は全体的に流動的になりそう。Timefliesは予定通りだとトリ前、トリくらいしかマリンに行かないから昼間のマリンを組み込んでみようかなと。Robert Glasper Experimentは友人が観るだろうから何となく観るかもしれない。The Horrorsはかなり観たいけど仕方なく切るかな。

ビーチとガーデンに全く行かない予定だしマリンも殆ど行かないし、野外ステージ全然行かない感じになってしまいそうだ。
TOKIOとか森高千里は芸能人観に行こうってノリでなんだかんだと結構混むのだろうと思う。自分もその一員になってしまうのかどうなのか・・・。


もう時間があまりないのに予習がてらフェス買いを。
あまり聴こうとしていなかったEDM系を中心に。


  1. 2014/08/13(水)|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本物の帰還

ラックをADK SN-2110LAにして以来、とてもウォームで滑らかな音になったせいか音楽を聴きながら読書をしていると必ず寝てしまうという状態に。
聴き疲れしない音をまずは目指しているから達成はされているけど、もう少しだけ刺激のある音でも良いのかなと思い、電源ケーブルのZonotone 6NPS-5.5 Grandioを入れようかなと思ったり(刺激的な音といえば自分の中ではZonotoneで、ひと時はそれを楽しめるけど疲れるからいつも最終的にはACROLINKに取って変わられるという)もしたけど、やっぱりここはスピーカーケーブルかなと。

色々揃えて、スピーカーケーブルだけ上海問屋のまがいものというものもどうかと思って。ブランド志向みたいであるかもしれないけど気分的に。改めて聴き比べてみようではないかと。

贋物Ortofon 7NX-SPK 4000Qは押し出しが強く、とても線が太い音。力感が足りないと思っている所には良いと思う。ただ解像度や情報量といった部分はあまりなく、少しくぐもったように感じられる。

先日購入したケーブル大全2015でも割と良く書かれていた(どれも良いようにしか書いてないけど・・・)ORB INNOVA TS7 を以前、贋物Ortofon 7NX-SPK 4000Qに完敗と書いてしまったけど、果たして本物の復讐はなるかと。
贋物Ortofon 7NX-SPK 4000Qと比べるとメリハリがあって音の見通しが良くて解像度が高い。
やっぱり質としてはこちらの方が断然上。ただ低域を締め過ぎてしまうせいか、音が痩せてしまう。良くいうと繊細な音。
線が細くて繊細な音で少し疲れるかなと感じられる、音質事体は良いけど音が痩せて高域寄りになってしまうケーブルは、これに限らず自分のシステム、或いは好みには何とも合わない。これが以前、贋物に完敗としてしまった要因かも。


最後にOrtofon SPK-3100 Silver
低域は贋物Ortofon 7NX-SPK 4000Qの強さそのままに。透明度、解像度が上がって見通しの良い音に。
すぐこれに決定。即決。所有している3本の中では圧倒的にこれが良かった。
元々3mのシングルで使っていた時に別のスピーカーケーブルにしようかとオーディオ屋さんを訪れたら、長さが余っているなら1.5mの四本にしてバイワイヤ仕様に加工処理しますよって言われてフルテックのロジウムYラグFP-203で末端処理して貰っているものだから仕上げも綺麗で気に入っているものでもある。
Monitor Audio Bronze B2に繋げるための安価で悪くないケーブルという事で初めて購入したスピーカーケーブルで原点に帰ったのかという気分でもあり、巡り巡って本物の帰還となりました。

あとはSPK-3100 Silverと贋物Ortofon 7NX-SPK 4000Qが低音が出ているというよりORB INNOVA TS7 が繊細な痩せた低音過ぎるのではという気もする。

末端処理済みバイワイヤで繋げると見た目も綺麗にスッキリとするなぁ。



  1. 2014/08/08(金)|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ADK SN-2110LA  導入 その2



ADK SN-2110LAを導入して一週近く経ち、前回、『ラックはスタンドに比べて変化は大して感じない』ような感想を書いたのだけど全くの見当違いだった。ジョギングから帰宅直後にラックが届いてすぐに組立てヘトヘトの状態で軽く聴いただけで書いたものだったので。

今やニトリのガラス付きラックに四段重ねしていた時から別物の音に。
まず全体の重心が下がって低音が良く出るようになって、高音がかなり綺麗に伸び、広がり奥行感、共にも高まったけど特に奥行感が凄く出て、それによって見通しよく情報量も多くなったように聴こえる。

あとはこの木のラック特徴と思わる所は、凄く滑らかでウォームな音に。ゆったりと豊潤な音というか硬質な音とは真逆な方向に持っていくと思う。

音そのものがスケールアップしたように感じられる変化だった。

四段重ねしていた時に試にとアンプかCDプレイヤーの足を東急ハンズで購入した黒檀ブロックにしてみたら凄い音が痩せてしまった事があったので、機器の足場でも変わるものなんだなとボンヤリとは感じていたものの、ここまで変わるとはという印象。

どれも変化するしトータルのバランスで調整していくものだろうけど機器以外の個人的な聴感的変化量でいうと
ラック、スタンド > 電源ケーブル、タップ、コンセントなどの電源関連 > スピーカケーブル、RCAケーブル、インシュレーター といった印象。

こんなもので変化しないでしょ、こんなもの付け替えたりするものなの?と一般的に考えられているものの方が影響が強く出るのだなと感じた。
ラックやスタンドなんて小型なら机でもタンスでもテレ台でも置ける場所に置けば良いと思われるだろうし、電源関連に関してはそんもの替えるの?と思うだろうし、直接繋ぐものだしスピーカケーブル、RCAケーブル、インシュレーターは少し良いものにしてみようかな、なんてまずはここからと自分も含めて思う人が多いだろうけど。

ラック、スタンドは鳴り方そのものを変えて、電源関連は変化が大きいので組み合わせで元の音が何だか分からなくなるという所もあるくらい、スピーカケーブル、RCAケーブル、インシュレーターは前者二つに比べるとあくまで調整な気がする、個人的には。


  1. 2014/08/08(金)|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ADK SN-2110LA 導入 その1

ADKのオーディオラック  SN-2110LAを購入。



ずっと替えたいと思っていたけど、価格だったり、手間だったりで手を付けていなかったラックをようやく替えた。
組立も簡単で工作の苦手な私でも小一時間で一人ですぐに完成出来た。

幅の関係で60~80cmまでならスピーカースタンドごとテレビの真横に付けられる(壁に近くなるし、テレビの横は音質的にはマイナスとう話だけど)からそちらも検討したけど、そうするとアンプ、CDプレイヤー、レコーダー、PS4と四機種を二段ずつ重ねることなるから、あまり意味がないかなとも思い、部屋のスペースは潰れるけど、今まで通りの110~120cmのものに。

ADK  SN-2110LAは店頭に展示しているものをずっと前から見ていて、デザインがシンプルで良いし、柱が最小限なので使い勝手も良さそうだったので、欲しいなと思っていたものだった。

色はライト、ダーク両方とも展示を確認してダークは何だか地味な感じで良さを感じなかったからあえてライトカラーにしたのだけど、家に置くと思ったより明るいからダークカラーの方が良かったかな。CDラックの色と同系統の色だからまぁいいか。

普通のテレビ台→ニトリのラックとずっと重ね置きで使用していて、どうにかしなくてはと思っていたガラス扉&機器の四段重ねから、ようやく解放。
やっぱり 一つずつの機器が並列に置いてあると見栄えも良いし、ケーブル類の交換なども以前よりはだいぶ楽。

ラックでも音質が変わるという話だけどニトリラックから劇的変化は今の所はあまり感じていない。スタンドは劇的な変化だったけどラックは若干、開放的でまろやかになった気がする。でも気がするという程度。

ラックだったり、スタンドだったりとここにきて最初に手を付けなければならないことをやっと揃えた。ケーブル関連よりスタンド、ラックを先に替えるべきだったのだろうけど、設置スペースなどの問題があるからケーブルなどの手軽に交換出来る方から手を付けてしまったな。

ネット上を見ていると、エントリーモデルから数年で一気にハイエンドまでと飛躍的にそろえてしまうような人も良く見かけるけど、自分は本当に少しずつゆっくり取り組んでいる・・・これからも懐具合を見ながら亀のようなペースで・・・。

before ニトリラック


after ADK SN-2110LA


あんまり変わっていない・・・。


  1. 2014/08/03(日)|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケーブル大全2015

前年の電源&アクセサリー大全2014に続き、今年もケーブル大全を手に入れてみた。

音色を文章で表現するのは難しいかもしれないけど、オーディオ誌の文章を読んでも具体的に、どうなのかっていうところは良く分からないものが多い。

サッカー解説の際の山本昌邦氏に通じる所があるなぁなんて思ってしまう。
色々良い事なども言っているけど、何言っているか分からないという。

でも前年の電源&アクセサリー大全2014もたまに眺めたりしてカタログ的に使用している電線好きとして、所有していても良いかなと思って。カタログを購入しているというのもなんだかという気分だけど。





  1. 2014/08/03(日)|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

最近のコメント

リンク

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。