スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

ダフトさん

どんどん増えて行っているけど、これ買わずしてどうするってことで



ダフトさんが我が家に。


いつもの如くポーズとか良く分からないから箱の裏と同じポーズに・・・。
コトブキヤのスターウォーズシリーズと比べるとあれだけど、こちらは可動するタイプだし、これも細部まで良く出来てる。
バンダイでダフトパンクのフィギュア作ってくれるなんて。
箱も小さいし、凄い凝ってるのでこの箱は取って置こうと思う。

デロリアンといっしょに



スポンサーサイト
  1. 2014/07/31(木)|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつかは買いたい? “10万円イヤホン”

第93回】いつかは買いたい? “10万円イヤホン” 4モデル一気聴き!

という記事があった。

この価格になってくるとスピーカーが手に入れられてしまうと思ってしまう。スピーカーはそれだけでなくてアンプやプレイヤー、ケーブル、それに設置場所も必要だし、何より音を出せない環境も多いとは思うけど10万円クラスのスピーカーならどれも中々の音が出るものが手に入ると思うのだよね。

需要があるのなら10億円のイヤホンがあっても良いと思うし、イヤホン、ヘッドホンが活況な状態を反映してのことだろうけど少し前までは各メーカー、3~4万円くらいの機種がフラグシップで、それでもイヤホンにその価格は・・・なんて思っていたけど、今や上位機種は10万円台のイヤホンが当たり前になっていて、きっとどれも凄く良いものなのだろうけど何だかシラケてしまう気にもなってしまう。

スピーカーでペア10万ではアレだけど、イヤホンなら10万円で最高峰の音が手に入るんだ!という見方も出来るかな。


  1. 2014/07/30(水)|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サッカー批評 69 を読む



サッカー批評を買ってみた。
あの負け方は何だったんだ・・・という気分をネットに溢れる有象無象のモノとは何か違う形で納得させてくれる分析があるのかと思い。

出す時期が早いのか特に深い分析もないし、ネットに溢れるものと大差ない内容・・・というよりネットに載ってたものがほぼそのまま転載されているものもあって全然読み応えなく・・・。

もっとじっくり分析してから出した方が良いのではと思ったけど、そうすると新監督、新チームが始動していて関心がそちらに行ってしまうからタイムラグは紙媒体の持つ弱さか・・・。それを補っている深くじっくり読ませる何かがあるかと思ったのだけど叶わず・・・。


  1. 2014/07/29(火)|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そういえばな

フジロックも終わってしまいサマソニも近づいてきている。
もうこのくらいの時期になったらタイムテーブルを常に眺めながら まだか!っていう気分しかなくてフジロックも開催中は気になって仕方ないのだけど、今年はサマソニのラインナップが・・・・・だったせいもあってフジロックが気になる事もなく終わっていて、待ち遠しくないという訳ではないけど落ち着いている。

一応 タイムテーブルも出ているので何となくな予定でも

8/15
Kraftwerk→Krewella?→サカナクション→ZEDD?→KASABIAN

8/16
序盤未定・・・→Sky Ferreira→White lies→Jmaica→MEGADETH?→Arctic Monkeys→Phoenix(間に合えば)

8/17
中盤まで未定・・・→きゃりー?→BANKS→森高?→Avril Lavigne?→QUEEN

8/17の壊滅感が凄い・・・8/17を上記の予定通りにしたら凄いミーハー・・・。BANKSとQUEENくらいしか確定感がない。
The Horrorsも観たいけど、ここはやっぱりQUEENかな。
Phoenix、The Horrorsは前のサマソニも来ていたけど何かと被ったりして観れなくて今回も観れなそうだ。
何だか縁がないな。

しかし例年になくスカスカな感じになってしまうなぁ。その場でいろいろ動き変わるからあくまで予想みたいなものだけど。

ウィークエンドチケット(3日券)はまだなのか。これが重要なのだが・・・。


  1. 2014/07/28(月)|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Focus 160、Venere1.5、MENTOR2、Aria 906、BS312

スピーカースタンドを手に入れてから、スピーカーのサイズ制約がテレビ台に乗せていた以前より少しだけ解放されたので、替える気あるのか、MENUET2手放せないだろという部分は置いておいてスピーカーの試聴ばかりしていた。

まずFocalの新型Aria 906
focul 906
Aria 906はスペースさえあれば手に入れたかった826というトールボーイがあったから期待していたけどあまりパッとせず。
最初に聴いたお店では低域が詰まってるかな、綺麗な音ではあるけど・・・という印象で、別のお店ではフンワリした音で綺麗だけど何だか、自分には触れるものはなく。お店で印象が違ったから機器によって替わるのかな。それとも割と新しいからエージングの違いだろうか。何にしてもパッとせず。

ELAC BS312

これは何度も聴いていて凄い小型だけど、このサイズでは考えられない音を出す。
前面に押し出してくる立体感ある音は、いつ聴いても凄い。
ELACはだいたいどれを聴いても凄い音だと思うし、刺激のある魅力的な音だけど、欲しい!とはなぜか思わない。
長時間聴いていると疲れると思ってしまのかな。ELACを聴くともっと緩い音の方が自分は好きなんだな思わされる。
BS312は単体で聴いている時は感じないけど、少しだけ箱の大きいスピーカー(BS312よりはだいたいどれも大きい)に替えてもらうと鳴りに余裕を感じられなくなってしまう。常に全力のスパートで走っているような鳴りに感じてしまうのだよなぁ。
でも凄いスピーカーに変わりはない。

Sonus Faber Venere 1.5

BS312と一緒に置いてあったのでSonus Faberのスピーカーは聴いたことが無かったから、比較する感じで聴かせて貰ったけど個人的にはBS312よりこちらの方が断然に好きだった。音色は真逆ののようだから良い対比になった。
ゆったりと少し奥で鳴っている感じで暖色、緩めの好きな音。低音もしっかり出ていたし、これは結構気に入った。
Sonus Faberのコスト下げたモデルでオールマイティーに鳴らす方向のようで、従来の魅力が全くないとあまり評判は良くないようだけど特徴的なデザインもあって個人的には良かった。
コストを下げるためにイタリアでなくて中国生産もあってイマイチな印象が多いよう。でもB&WのCMシリーズだって殆ど中国じゃなかったっけと。メイドイン~は気にすべき所なのかどうか。


DALI MENTOR2

これは以前にどこかのオーディオコーナーを覗いた時に何となくかかっていて、これは良いなと思って改めて聴いてみたのだけど、MENUET2の低域の弱さ、量感という弱点を補ってような音でMENUET2と同じ傾向で良くするのであればこれかなと思わせるものだった。少し奥から上品に音が鳴っていて、低音もサイズが大きい分、しっかり出ている所がとても良くてこれは聴き疲れしない音だろうなと思える。
問題は幅はそうでもないけど高さと奥行がかなり大きい・・・実物見るとかなりの大きさだと思ってしまうサイズ。
HELICONとMENTOR MENUETの間に位置しているせいかあんまり目立たない機種な気がするけど良い。


DYNAUDIO Focus 160

これは良かった。勢いで買う手前まで行ったくらい良かった。
かなりクッキリ、ハッキリした音で低音の質、量とも十分。そうなるとあまり好みでない疲れる傾向な音になるかなと感じる所なのにそういった部分もなく、聴き疲れもしないずっと聴いていたいような音だった。
音量を絞っても低音がまったく痩せず、音痩せしない所も凄かった。
輪郭をしっかり描いてかつ硬くなり過ぎにならず聴き疲れしない、絶妙なバランスを持っていたと思う。
これ!といった特徴がある訳ではないけど(挙げるなら輪郭かな)高域、低域、クリア感、ボーカル、広がり、奥行など、求められるものの全体を高次元でまとめていると思うので、どんな音楽をかけても心地よい。
MENUET2より低域がかなり出るので、自宅だとそこが出過ぎだなどと感じる可能性もあるかもしれないけど。サイズもMENUET2の一回り大きいくらいで丁度良さそう。

あとはMonitor Audio Gold GX50あたりも少し聴いたけど特に印象なし。Monitor Audioはよくオールマイティーと言われるけどなんだか普通で自分の中ではパッとしないんだよなぁ。Bronze B2も最安ラインとはいえあまり気に入ることなくすぐに手放してしまったし。

色々聴いて、良いなぁとは思うけど、そんなにポンと買えないし・・・MENUET2が手放し難いこととスタンドに乗ったMENUET2も良く鳴ってくれているのでまぁまぁ・・・と抑える。


  1. 2014/07/27(日)|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スピーカースタンド TAOC EST-60HL を導入

ミニコンポから8年前にMonitor AudioのBronze B2を購入して以来、控えめな予算と限られたスペースで細々と勤しんでいるオーディオでようやくスピーカースタンドを。



スタンドの中では安価なTAOC EST-60HLだけど。当たり前過ぎるとはいえこれはさっさと導入しておくべきものだった。
テレビ台の横に置いていた時とは全く音の鮮度が違う。

鮮度、抜け、立体感が段違いになって環境は壁のスペースなど含めて見ての通りなデッドな環境に変わりないけどMENUET2が今までになく開放的に鳴らしてくれるようになったし低音もスッキリと締まった音に。

ツイーターが耳の高さにくる分、高域よりな印象にはなったと感じたけど、今までの音は詰まっている音だったのだろうと思う。


組立説明書にこんな風に書いてあって、最初は見栄え重視で左のナットが下に隠れる形で組んだけど、かなり腰高な高域よりだと思って、ナットの上下だけで変わるものなのか?とオーディオをいじっているとホントか?と思うことが多いけど今回もそう感じながらも右のナットが上に変わるやり方に替えたら、重心が下がって高域が気にならない感じになって、
現在はこのように。

スパイク使わないで平らに設置した方が良いという話も聞いたけど、どうなのかな。面倒なので試していないけど。

クリプトンのオーディオボードもこれで活きることに。

後はラックかな。いつまでニトリのラックに機器を四段重ねしてるんだって所だけど、ラックは家具の入れ替えだから金額徒然でなくて他のものと違って手間が段違いでなかなか手を付けずにズルズルとそのままに・・・。


  1. 2014/07/27(日)|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FURUTECH ALPHA LINE PLUS 導入

RCAケーブルをFURUTECH ALPHA LINE PLUSを導入。


RCAケーブルをACROLINK 7N-A2110IIIから交換。
ACROLINK 7N-A2110IIIは凄く綺麗な音になるけど、高域よりの綺麗さなので、少し物足りない音かなと思って。
FURUTECH ALPHA LINE PLUSはハッキリ、クッキリとした音に。

FURUTECHの音は輪郭甘めの自分のシステムの弱点を補ってくれるといつも感じる。
全てFURUTECHで揃えてしまうとそれも面白みがないかと思うのでしないけど。

ACROLINK 7N-A2110IIIは一旦封印。レコーダーに使っているZONOTONE 6NAC-3000 MEISTERと交換しようかとも思ったけどZONOTONE 6NAC-3000 MEISTERは元気な迫力ある音の傾向だから綺麗な音のACROLINK 7N-A2110IIIより映画とかライブ映像にはそのままの方が合うかなということで。



  1. 2014/07/27(日)|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サーチ&はこデストロイ

置き場所もなくなってきているのに、次々と増えやしているけど場所を何とか確保しつつ・・・。

とはいえどれもかなり気に入ってます。
ボバフェットなんか凄く良い。


ニューガンダムとシナンジュも「カッコいいなこれ」などと言いつつ箱から出したり。


で、次々と購入してたら飾り場所もそうなんだけど、とにかく箱をしまう場所がクローゼットに収まらなくなってきて・・・


もっと熱心に集めている人たちはどうしているのか・・・と検索したところ、やはり処分しか道はないようで。
フィギュアやプラモデルって箱もカッコいいし、パーツもブリスターに嵌めておけば保管も良く、箱があれば売却なんかも出来るみたいだけど、ここはもう仕方ないって事で・・・



私は悲しい・・・。

でもこれ以上増える前に作業を開始して良かった。箱の解体と括りも面倒だけど、中のプラスチックのブリスターの解体(ハサミで切る)が結構大変。なかなかに硬いし。
今は購入、即箱解体、括り、ブリスター切断作業に。
V のフィギュアは何年も前に購入したものだけど箱にしまう事もなかったし箱はいらないモノなのだろう。でも何だか勿体ない気と手間でなかなか手を付けないもの。

オーディオ関連のケーブルとかヘッドホンなどの箱も結構あるのだけどそちらは何となく取ってある。こちらもいらないものかな・・・。

替えパーツとかはどうしたかというと、ZIPロックに詰めてプラスチックケースへまとめて保存!


あの箱山がこれだけになった・・・。



  1. 2014/07/27(日)|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NOBUNAGA Labs TR-UE2




10プロのリケーブル、NOBUNAGA Labs TR-UE2を購入。

全ての面で今までのリケーブルの中で一番良いと思う。

音はマイルドで柔らかい音になる。音の広がりもなかなか。
聴き疲れしない10プロになるから刺激的な音が良い人には向かないと思うけど。

布ケーブルだからタッチノイズもあまりないし、何より価格が4000円程度とリケーブルの中ではかなり安価だからこれくらいの価格なら断線時の予備としても重宝出来るし。

音質、使用感、価格とどの点においても一番良い。


前も書いたけど
オレンジ色のOrange Owl EU-25は高域より、タッチノイズ少ない、ケーブル絡まる、耐久性なし。
水色のBlue Seagull EU-31はマイルドになる、タッチノイズ少ない、ケーブル絡まらない、色派手、価格高め。
青色のNashville EU-15は太くて硬質な音、タッチノイズ多い、取り回し悪い、高い。


ZEPHONEのケーブルは一長一短だしケーブルの色が派手すぎるで、10プロ使ったり使わなかったりだったけど
NOBUNAGA Labs TR-UE2を手に入れてから使い勝手も音質も良いので10プロばかり使っている。


  1. 2014/07/27(日)|
  2. 10pro
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014/7/26

7/26
Trouble in ParadiseTrouble in Paradise
(2014/07/17)
La Roux

商品詳細を見る

輸入盤新品1600円

Classic QueenClassic Queen
(1992/03/10)
Queen

商品詳細を見る

輸入盤中古200円

7/19
YouthYouth
(2014/01/21)
Wild Cub

商品詳細を見る

輸入盤新品1700円

Cling Cling (初回盤)(DVD付)Cling Cling (初回盤)(DVD付)
(2014/07/16)
Perfume

商品詳細を見る

新品1500円

6/20
ナウ・アンド・フォーエヴァーナウ・アンド・フォーエヴァー
(2014/06/18)
アーキテクチャー・イン・ヘルシンキ

商品詳細を見る

日本盤新品2400円

48:1348:13
(2014/06/18)
カサビアン

商品詳細を見る

日本盤新品2400円


5/31
Keep It SafeKeep It Safe
(2014/04/01)
Wild Ones

商品詳細を見る

輸入盤新品1700円

WAITING FOR THE ONE [輸入盤]WAITING FOR THE ONE [輸入盤]
(2014/02/20)
SUGARPIE AND THE CANDYMAN

商品詳細を見る

輸入盤新品2000円


5/24
Ghost StoriesGhost Stories
(2014/05/20)
Coldplay

商品詳細を見る

輸入盤新品1500円


  1. 2014/07/27(日)|
  2. 購入記2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

最近のコメント

リンク

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。