スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

Just Can't Get Enough

今月はCD買い過ぎだ。
MAROON5、LIKIN PARKはなんやかんやと買ってしまいそうだし、THE ENEMYの新譜はかなり良かったので欲しい。METRICも新作を出していて公式サイトで全曲試聴したらなかなか良さそうだ。

どれも内容的に不満はないもののSALLY SHAPIRO、CITIZENS! 、LADYHAWKE、2:54、KRAFTWERKとかこの辺りをちまちま買ってしまっているのが枚数が増える要因か。

だいたい6月から秋くらいまではツアーやフェスなどに出演するからか新譜が多いのも仕方ないけど今月は既に結構買ってしまっている上にそれ程聴きこんでもいないのに。

KASABIANのブルーレイも手に入れるだろうし・・・。

LIKIN PARKがミュージックステーションに出ていたので観てみたら音響が変だった。テレビ局のミスなのかバンドのミスなのか分からないようだけど何だか酷かった。曲は初期に戻った感じがしてなかなか。
ノエルの発言以来、タモリが007の敵役にしか見えなくなってきた。

Perfumeはなぜライブ作品をこの期に及んでブルーレイで出さないのか。曲も全く興味がないようなものばかりになってきているし、ライブ作品を出すと思えばまたもDVDのみ、DVDは買う気が起きない・・・。本当にどうでもよくなってしまう、このままでは。いずれ過去作をブルーレイ化して売ろうという魂胆なのだろうか。
このままこういった「どうでもよくなってきた」ということも書かない本当に無関心などうでもいい状態にならないといいな。

You TubeでYUKIのライブ映像を良く観ていたのでブルーレイを購入。前作もブルーレイで出ていたけどセットリストが気に入らなかった(Joyが入っていなかった!!)ので見送り。
で、観ていて満足な内容だけど、何かが物足りないと感じていて気が付いたのが、ダンサーがいない!ということ。
どうもKylie MinogueやMadonnaのライブ映像を観すぎているせいか女性ソロのライブにムキムキ、キレキレ、クネクネという矛盾した?動きで恍惚の表情を浮かべるヘテロじゃないよ?なダンサー達がいないと物足りなさを感じてしまう感覚に・・・。

Kylie Minogue - "Cupid Boy" [Live in London]

こうじゃないと・・・物足りない・・・。


スポンサーサイト
  1. 2012/06/22(金)|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012/6/12

6/12
HOT CHIP - IN OUR HEADS 輸入盤新品1100円
KRAFTWERK - THE MIX 輸入盤中古800円
2:54 - 2:54 輸入盤新品1600円

6/6
LADYHAWKE - ANXIETY 輸入盤新品1000円

6/2
CITIZENS! - HERE WE ARE 日本盤新品2100円
SALLY SHAPIRO - DISCO ROMANCE 輸入盤新品1500円

5/19
GARBAGE - NOT YOUR KIND OF PEOPLE 輸入盤新品1500円


  1. 2012/06/16(土)|
  2. 購入記2012
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アウェイ

ロックストーキョーの二日目に行ってみた。

友人が行きたがっていたものの神聖かまってちゃんくらいしか興味がなかったので行く気がなかったけど、なぜか邦楽フェスにPrimal Screamが決定したので二つ観るものがあればいいかなということで。

サンボマスター
凄い前向きだった。ブサンボマスターのイメージが強かったせいか卑屈なものだと思っていた。
ブサンボマスターの方が好き。

テレフォンズ
曲が良さそうだったけどキンキン声で歌うボーカルスタイルが受け付けない。

サカナクション
曲はなかなか良い。なぜかCDは買わない。

Primal Scream
タイムテーブルでは50分程の表記だったのにも関わらず予定の10分前位に登場して、90分くらいのフルセットを演奏。邦楽フェスの中のなぜか?の洋楽だからかPrimal Screamを最前列でモッシュも起きない快適環境で堪能、まさかのフルセットで来て良かったと思えた。

神聖かまってちゃん
Primal Screamが長かったので序盤が観れず。それでも好きな曲の「自分らしく」は途中からとはいえ聴く事が出来て良かった。イメージそのままの人達だった。「あるてぃめっとれレイザー」は演奏していたようがけど間に合わず。

ボウディーズ
疲れたので、食事スペースのベンチで休憩していようと思ったものの曲が良かったのでステージ内のベンチで仰向けに寝て夜空を眺め、夜風に吹かれなが贅沢な時間を過ごす。

帰宅。


ロックストーキョーの会場は芝生の公園キャンプ場でとても心地よかった、ステージを出ると海が見えたり、メインステージには風力発電の巨大な風車が回っていてそれもなんだか良かった。風力発電頑張れ!!って。

邦楽フェスなのでアウェイだ!と思っていたのだけど、やはり少し雰囲気とかノリが違う気はしてしまった。
特にステップ?を踏みながら両手を万歳!万歳!みたいにするノリ方というか踊り方をしている人が多数いて凄い違和感。邦楽ロックでは定番なのかもしれないけど、何か変な感じを受ける。

数少ないPrimal Scream目当ての人たちはどうも、オカシイ感じのする人たちが多かったように思えてしまった。自分自身を含めて社会性が低そうというか何というか。邦楽ロックファンの陽性に比べると陰性というか・・・。
しかしエグザイルとかAKBとかジャニーズが主流な中で邦楽ロック聴いている人たちもきっと反主流ではあるのだろう。それを思うと洋楽ファンはなんだろうか・・・やはり地下の人々って感じなのだろう。

邦楽フェスの中でPrimal Screamを観て圧倒的だ!こっちの方が好きだ!と感じたのは事実。邦楽も好きだけど洋楽、邦楽の割合は9:1か8:2でいいかなんて。

と、色々思ったりしたけどフェスはやはりとても楽しかった。
そしてフェス後の日常とのギャップが辛い一週間であった。





  1. 2012/06/03(日)|
  2. ライブ、フェス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

最近のコメント

リンク

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。