じゅうじつ

CX95が届いてもうイヤホンは暫く買わない(たぶん)と思うので好きなイヤホンと評価でも。
イヤホンレビューは大量にあるし超高級機を所有しているわけでもなく、誰も観ない、参考にもならない内容ですが、聴き比べていたら長々と書きたくなったので。

しかし休日に延々とiPodから何回も何回もイヤホンを取り換えて聴き比べして独りで唸って終わっていくいのって物凄い充実しているよな、と自虐的になったりなんてしていない はず。
この姿を映像で撮られたらかなり滑稽だと改めて思う。


こんな順番

1 Marantz HP101    (店頭or定価8800円 購入8800円)
2 AKG K324P      (店頭or定価11000円 購入5980円)
3 Philips SHE9850    (店頭or定価12800円 購入7980円)
4 SENNHEISER CX95  (店頭or定価15000円 購入8500円)
5 CREATIVE EP-630  (店頭or定価2980円 購入2980円)
6 SENNHEISER CX300  (店頭or定価4980円 購入3500円)
7 audio-technica CK6  (店頭or定価5980円 購入2500円)



HP101が一番好きです。音が綺麗で自然。何より聴き疲れを全くしない。優しい丸い音でずっと聴いていられる。イヤホンを長時間していて頭が痛くなることがない。所有機では音質の好みもベスト。
ただイヤーチップは付属だとしっくりこないのでCX300のものを使っています。
もうこのイヤホンで無駄に買わずに落ち着けそう。


K324Pも綺麗な音。HP101より音圧と迫力があります。良い意味で味付けされている感のある高音が好き。高音、低音ともによく出るために聴き疲れがある事と若干高音がシャリつく。これも好みな音。


SHE9850は唯一のBA型。ダイナミックとは違った音なのでBA型事態は好みではないけれど変化という意味で三番手といったところ。


CX95は元気で明瞭、割と固めではっきりした音。硬質な音なので聴き疲れがおきそうです。ロックには合うと思います。HP101、K324Pの方が個人的には好みです。イヤーチップのフィット感は最高です。まだ使用して日が浅いのですがエージングでもそんなに音の傾向は変わらないと思うので。


EP-630は低価格の中では一番だと思います。装着感も良いし使い易いです。イヤホンを何本も買ったりそんなにお金をかけないのが普通ですし、ポータブル機使用で断線する消耗品と考えればこれで十分だと思います。付属イヤホンからEP-630にするだけで見違える音が出るのになぁと思います。


CX300は断線してしまったのですが明るく元気で低音が結構強かった印象。音はクリアで良かったのですがかなり聴き疲れをした記憶があります。K324P、EP-630と同じ形状なので全て同じ音という評もありますが、3つとも明らかに違います。私の耳で分かるので誰でも違いはわかると思うのですが・・・。
K324Pがダントツの音質。EP-630の方がCX300よりマイルドな音で価格も安いのでSENNHEISERブランド以外はEP-630の方が全てにおいて上だと思います。


CK6はモコモコしていて好きになれない。全体的に籠っている。あまり評判が良くなく叩き売られていた機種通りな・・・。


BA型の音は金属的でスカスカかつ硬質なのが未だに好きになれないんですよね。SHE9850が安いBAだからかと思ったのですが友人のSHURE E3cを聴かせて貰ったら同じ鳴り方だったので、やはりBAは好みじゃないと思ってます。さらに10ProやX10を試聴しても大して良いと思えず。
一般的にはBA型の方が解像度が高く高音質とされているので私の耳が貧乏なんでしょう。
プリメインアンプのヘッドホンジャックからBA型で聴くとキンキンな音で聴いていられない音になる・・・。
いずれダイナミック音良くない!以前の自分は何を言っていたんだなんてことになる可能性も大いにあるんですけね・・・。今はです・・・。

ゼンハイザーは両機ともに聴き疲れする印象だからあまりゼンハイザー事態が好きではないのか・・・。

イヤホンに限らず自分の好きな音が分かってきた。綺麗な美音で柔らかく丸い音。硬い音がとにかく嫌い。

スピーカーのDALI MENUET2、イヤホンMarantz HP101共にクラッシック向きと言われている・・・。
クラシック向きのセットでエレポップを聴くのが好みなんだろう・・・。
基準がエレポップを好みの音で鳴らす事になっている。
ロック度外視・・・・確かにロックには両機ともにベストだ!とは言えない音・・・。


結論
一万円前後ならHP101(イヤーチップは交換したほうがいい)。
付属を使っているならEP-630。

硬い音が嫌い。
BAも今は嫌い。


  1. 2009/01/31(土)|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009/1/30

1/30
KARL BARTOS - COMMUNICATION 日本盤新品2300円
I AM ROBOT AND PROUD - THE ELECTRICITY IN YOUR HOUSE WANTS TO SING 輸入盤新品1000円

1/24
THE FRATELLIS - HERE WE STAND 輸入盤新品600円
I HATE THIS PLACE - NEVER GO 日本盤新品2000円
STEREOPHONICS - PULL THE PIN 輸入盤新品600円
THE STILLS - WITHOUT FEATHERS 輸入盤新品600円
TAHITI80 - WALLPAPER FOR THE SOUL 輸入盤新品600円


AIRA MITUKI - サヨナラTECHNOPOLIS 新品1000円
AIRA MITUKI - VALENTAIN STEP 新品500円


1/18
I HATE THIS PLACE - OUR HEARTS STILL BEATING 日本盤新品2000円


1/10
GOLD FRAPP - SEVENTH TREE 日本盤新品1200円
PORTISHEAD - THIRD 日本盤新品1200円
VITALIC - OK COWBOY 日本盤中古1200円


  1. 2009/01/31(土)|
  2. 購入記2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タマゴ

チャイルド44という本を読む。
面白かった。読後の興奮があるくらい。


翻訳小説は、訳で変わってしまうから避ける事が多いのだけど面白うそうなのと、元々はハードボイルドしか読んでいなかった自分好みな雰囲気があったので。


物凄いたくさん書こうと思ったけれどまとめられない上に稚拙な文章しか出来ない。
検索すればたくさんの感想やあらすじがあるので放棄。

スターリン体制下にあるソ連の事に、猟奇殺人事件(時代は違う)と両方ともに事実を元にしたフィクションです。そこが恐ろしい。

無知だったスターリン体制下にあるソ連の実態も知れる。というかそこが実はメインかも。
映画でよくある統制社会の描写の上を行っていますね。
義務教育の歴史授業は近現代史をメインにするべきだ。スターリンのことなんて何もやらなかったのではないか。

なかとみのかまたり なんて教えても無意味だよ。

こんなことを書くと、政治犯、反体制、スパイ容疑で拷問、尋問、処刑されてしまう気分になってくる・・・こわいよこわいよ・・・。


  1. 2009/01/18(日)|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボンチャン

注文したゼンハイザーCX95に入荷の気配がないので痺れを切らしマランツのHP101を買ってしまった・・・。
同価格帯のダイナミック型イヤホンばかり買って意味があるのか・・・。
BA型は最安価格帯のフィリップス9850しかないけれど音が堅いからBA型はあまり好みではない。
純正のイヤーチップだといまいちなフィット感なで音もきちんと鳴らないので壊れたCX300のイヤーチップにしたらとても良い音になった。
AKG324P、マランツHP101、ゼンハイザーCX95(未到着)とダイナミック型は良い機種が揃ってきたかな。ゼンハイザーの4万くらいするIE8はあるけれど、イヤホンにそこまでは出せないので。

マランツHP101は主戦機になりそう。

マランツHP101は電器店に置いていなくて百貨店やインテリア店?でしか置いていないので、わざわざそごうでイヤホンを買ったのだけどイヤホンでも丁寧な対応。家電量販店で買うと4万越えのiPodでもビニール袋に入れられて終わりだから、何だか差が面白い。


その後、007を観に行く。アクションなどは凄かったけどストーリーがいまいち分かりづらかった。
どうやら前作を見ていないと楽しさが半減してしまうようなので観る方は前作を観てからを勧めます。
前作からボンドが ピアース・ブロスナンからダニエル・クレイグに替わりボンドカッコ悪い!!なんて思っていたのだけど実際にスクリーンでダニエル・クレイグ・ボンドを見たら、まぁカッコいいこと・・・。
やっぱり日本人なんかとは質が違う。元が。スーツなど何を着ても決まるし。

アクションは凄いのだけど、アクション映画も大変だと思う。どんどんどんどん過激になっていって。
際限ない。

ウォンテッド以来の相鉄ムービル。先行上映初日、横浜駅前大型映画館なのにやっぱり空いている・・・。
ムービルだからか、007だからか分かりませんが・・・年齢層が高い・・・。さらに上映中、オジサン達むせるむせる。
映画を観ていてこんなにあちこちでむせられたのは初めてです。
派手なアクションの時は引き込まれているせいか静かなのに、会話のシーンになると・・・ゲホゲホゲホゲホ・・・。
ムービル面白い。
でもやっぱり立地と大画面が他を圧倒するものを持っているし、音もシネコンより良いと感じる。
面白い映画館。



試聴してそのままレジに持って行った本日購入の

I Hate This Place / Our Hearts Still Beating

いつもの如くエレポップです。試聴してそのままレジなので内容はエレポップ好きならお勧め出来ます。これは2ndですが1stもすぐに買いそう。
アーティスト名"I Hate This Place"これも良い。それからジャケットもかわいくて良い。飾っておきたくなる。ジャケットも良いし、あまり知られなさそうなので珍しく面倒臭がらずに大きいジャケット画像付きで押しておこう!!




  1. 2009/01/18(日)|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そこまでは出来ん!!

BSでやっていたBBC制作のロックの歴史番組を観る。

第1回『ロックの誕生』
第2回『アート・ロック』
第3回『パンク・ロック』
第4回『ヘビーメタル』
第5回『スタジアム・ロック』
第6回『オルタナティブ・ロック』
第7回『インディー・ロック』

BBC制作なのでイギリス勢が中心で、全てを網羅している訳ではないけど、とても良い番組でした。
プレスリー、ビートルズ、ニューオーダー、レディオヘッド辺りが全く出てこなかったのは意外でした。
ニューウェーブ、ニューメタル、ラップメタル、ポップパンクなどは全く取り上げられてもいないので全ては難しいんでしょう、バンドなんて挙げていったらキリがないですね。

全て見て、やっぱりヘビーメタルは何か違う・・・。異色だ・・・。
どの回にも既成概念を壊すということ反骨、怒りをぶちまける、代弁者という共通した部分があったのだけど、ヘビーメタルだけ恐怖とか言っているし・・・ヘビーメタルは永遠に不滅です!みたいな事言っているし、悪いことは何でもやったぜ!って子供みたいな主張しかないしでオカシイ。
他の回に比べ、思想というか文学性というか芸術性が皆無。

一番笑ったのは太ったヴィンス・ニールがソファにふんぞり返りながら語ったエピソードで、ニッキー・シックスが蟻を鼻から吸って、それに対抗したオジーも蟻を鼻から吸い、さらに自分の小便を飲んでニッキーがそこまでは出来ん!!となりオジーがニッキーに勝った!という話。
オジーはコウモリ食べてたって言われてますから蟻くらいなんともないと。

ピストルズの画面からも伝わる怒気は凄かった。
シド・ヴィシャスが客に殴られ鼻血を出して笑顔で演奏して、その血を客に掛けて、今度は客がツバをシドに吐きかけ、今度はシドがビール瓶を自分の胸で割って血まみれになったという話も凄かった。

この辺のエピソード聞くとそういったものをギャグにしているフィクションの漫画のDMCを現実で超えているよなって改めて思ってしまう。

とにかくヘビーメタルはしょうもない!と感じました!!

散々酷評していますが、一番楽しかったのがヘビーメタルの回だったのは言うまでもありません・・・。
約50分の番組で友人と観ていたのですが、すべて解説してしまいました。そして何も間違った事は言わず・・・。
モトりークルーがかなり偉大で尊敬されているバンドだった・・・これも意外。
あとは一瞬とはいえブラッキー・ローレンスを国営NHKで流してはいけないと思う。モザイク必要だ!

二番目に面白かったのはPMRC・・・ヘビーメタルに対し「性的で暴力や恐怖を煽っている!」と怒っていたオバサンたちの団体です。映像で見たらやっぱり面白い。
安易で思考が欠けている。思考と想像が出来ない人間が暇だとロクな事をしないという典型な人間が集まった団体ですね。

結局ヘビーメタルの回の事しか語っていない・・・。
ヘビーメタルが大好きなんです(泣)


イギリスはどの時代も閉塞感と絶望が渦巻いている・・・。


『幸せはカネじゃ買えない。以前は何でもないことが幸せだったし、そのほうが意味があった。古着屋で掘り出し物見つけるだけで幸せだった。思いがけない驚きがあるらからさ。』

カート・コバーン 第6回『オルタナティブ・ロック』




  1. 2009/01/11(日)|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

che

ゲバラの映画を観る。

ゲバラもカストロも名前くらいでキューバの事やキューバ革命のことの知識が皆無で鑑賞したので序盤はもう全く分からない。
眠気と戦う一時間、なんとか起き続けたけど結局分からなかった。

ゲリラ戦のシーンと国連での演説のシーンが交互な構成なので、またさらに分からない。

後半の戦闘シーンも派手さなどもないので、起伏なく・・・。
続きがあるけれど続編は観なくてもいいか・・・と思ってます。

知識があってゲバラが好きじゃないと、地味な映画と思うと思います。

映画館の宣伝で期待していただけに、分からない・・・地味だな・・・淡々と・・・で終わってしまった。


  1. 2009/01/11(日)|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009 2

今年はあまりCD買うのないだろうなぁなんていつもの如く思っていたのだけど、のっけからかなり買っている・・・。

とりあえずフランツ、U2、ペットショップボーズ、そしてなんといってもデペッシュモードの新譜が楽しみなところ。
あとは発売のサイクルが早い中田ヤスタカ関連でしょうかね。


ガンズ、オアシス、AC/DC、メタリカなどロックな超大物の新譜をことごとく購入しなかった・・・2009も同じ流れになりそうだ。


  1. 2009/01/03(土)|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009/1/3

1/2
AVRIL LAVIGNE - LET GO 日本盤中古200円
CUT COPY - IN GHOST COLOURS 輸入盤新品1300円
DAF - ALLES IST GUT 輸入盤中古1000円
STEREOMUD - PERFECT SELF 日本盤中古100円
THE STILLS - OCEANS WILL RISE 日本盤中古1100円


COUNT BASIE - THIS TIME BY BASIE 日本盤中古700円


元気ロケッツ - HEAVENLY STAR 日本盤新品2400円


  1. 2009/01/03(土)|
  2. 購入記2009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009



こんな感じで。



  1. 2009/01/01(木)|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Author:SIXXRK


SIXXRK


ハンドルネーム SIXXRK
プロフィール詳細

Twitter

最近のコメント

リンク

カテゴリー

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ検索